気になる顔のテカリ対策はこれが正解!厳選の4点を紹介

顔のテカリを気にする女性

自分の顔がテカテカしていて恥ずかしい…男性だけでなく女性も悩んでいる方は多いのではないでしょうか?常にあぶらとり紙が手放せない、一日に何度も顔を洗う…など、顔のテカリと悪戦苦闘の毎日を送っている方もいるかもしれません。しかし顔のテカリが気になるからと、必要以上のケアをすると逆効果になることもあります。
そこで顔のテカリとうまく付き合っていくべく、テカリの原因と予防法を紹介していきます。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

テカリの原因「皮脂」は悪者?

テカリの原因皮脂は悪者?皮脂は顔のテカリだけでなく、ニキビなどの様々な肌トラブルの原因にもなるので、悪者扱いされがちです。しかし、皮脂には肌を保護するための重要な役割もあります。顔のテカリが気になるからと、皮脂を取り過ぎてしまうと逆に肌の乾燥を招き、乾燥した肌を守ろうと過剰に皮脂を分泌します。この悪循環がテカリやニキビなどの新たな肌トラブルを引き起こすこともあります。

顔のテカリを防ぐことと、肌を健康な状態に保つことを両立させるためには、皮脂を適度な状態にコントロールする必要があるのです。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

顔のテカリ対策4選

前述の通り、顔のテカリを防ぐには皮脂を取り過ぎないようにケアすることがポイントです。そこで顔のテカリを防ぐための対処法を4つ紹介します。

1. あぶらとり紙よりティッシュが有効!

あぶら取り紙よりもティッシュがおすすめ 顔のテカリが気になるあまり、あぶらとり紙が手放せないという方は多いのではないでしょうか。1日1回軽く使う程度なら問題はありませんが、1日に何度も使用すると、必要な皮脂まで取り除いてしまうため乾燥を招き、さらに皮脂分泌が活発になってしまいます。

そこでおすすめなのが、あぶらとり紙の代わりにティッシュを使うこと。ティッシュの良い点は、余分な皮脂のみを取り除いてくれるところです。

ティッシュを使う際のポイント

  • 皮脂が気になる部分を上からポンポンとおさえるようにする。肌を傷つけてしまうので決してこすり取ろうとしないこと。
  • ミスト化粧水を直接顔に吹きかけてから、ティッシュでおさえるとより効果的。

 2. 糖質、脂質の多い食事は避けるべし!

顔のテカリに直結しやすい日々の習慣は食事です。特に脂っこい食べ物や甘いものを毎日食べ続けると顔が脂っぽくなる、という経験をした方は多いかと思います。逆にそういった食べ物を控えるだけで、顔がテカリにくくなるという方もいます。

皮脂の分泌を促すのは、糖質と脂質の多い食べ物です。まずは、糖質と脂質を多く含む以下に代表される食べ物の摂り過ぎに注意しましょう。

糖質、脂質の多い食べ物

糖質・資質の多い食べ物また、糖質はビールや日本酒、梅酒などのお酒にも多く含まれています。逆にワインや焼酎、ウイスキーなどにはほとんど含まれていません。お酒が好きで糖質が気になる方は、糖質の多いお酒はほどほどにしておきましょう。

皮脂のコントロールに有効な栄養素と食べ物

皮脂のコントロールに有効な食べ物上記の食べ物とは反対に、糖質と脂質の代謝を高め、皮脂の分泌を抑えてくれる栄養素とそれを含む食べ物を紹介します。食べ物で下記栄養素を摂るのが難しい場合は、サプリメントで補ってみても良いでしょう。

  • ビタミンB2:緑黄色野菜、魚類など
  • ビタミンC:緑黄色野菜、果物、いも類など
  • 食物繊維:緑黄色野菜、果物、海藻など
  • DHA、EPAなどの不飽和脂肪酸:イワシ、サンマ、サバなどの青魚

3. テカリ防止のためのスキンケア

洗顔

テカリ防止の洗顔ポイント顔のテカリが気になるときに洗顔でやってしまいがちなのが、1日のうちに何回も洗うこと、洗顔料で入念に洗うこと、などです。
洗顔時のポイントは以下の4点

  • 洗顔料を使った洗顔は1日2回まで
  • 洗顔料を使うときは顔をこすらずに泡で撫でるように洗う
  • 洗顔料を顔につけている時間は20秒以内
  • すすぐときは水かぬるま湯を使う

顔を洗ってもしばらく時間が経つとまた顔がテカるからと、洗顔の回数を増やしたり、洗う時間を長くしても、肌の保護に必要な皮脂まで取り除いてしまい、肌に負担をかけることになります。洗顔をするときは、上記のポイントで挙げた点が上限だと考えましょう。

保湿

テカリ防止の正しい保湿方法顔のテカリが気になるとき、保湿の仕方に迷っている方は少なくないと思います。基本的には化粧水の水分を閉じ込めるためにも、乳液やクリームは使った方が良いです。

「夏場や脂性肌の場合は、クリームに比べて比較的さっぱりした乳液を少量使う」、反対に「冬場や混合肌の方は、しっとりしやすいクリームを多めに使う」など、その時期や肌質に合わせて保湿アイテムを使い分けるのが良いでしょう。

ひと手間でテカリ軽減!収れん化粧水を有効活用

収れん化粧水は、水分を与えるだけでなく、肌を引きしめ、皮脂をコントロールし、肌のキメを整える効果のある化粧水です。その収れん化粧水をコットンやフェイスパックに染み込ませて3分程度のせておくと、皮脂量が減り、顔のテカリがある程度抑えられるという方もいるのでおすすめです。

参考:収れん化粧水の紹介
http://www.shiseido.co.jp/beauty/season/feature/beautifulsurvivor-110621-2.html

皮脂を抑える最後の手段?「スピロノラクトン」に皮脂抑制効果あり

スピロノラクトン私の身近に、普段のスキンケアや食生活を改善しても一向に顔のテカリがおさまらないので、皮膚科を受診したら「スピロノラクトン」という薬を処方されたという人がいました。その人曰く、その薬を服用してから明らかに以前よりも皮脂が出なくなったそうです。

皮膚科などの医療機関では、皮脂を抑える目的でビタミン剤や低用量ピルが処方されることがあります。スピロノラクトンも、もともと高血圧症のための薬なのですが、男性ホルモンの働きを抑えることで皮脂の過剰分泌を抑える効果があることから、医療機関によっては、このスピロノラクトンを処方するところもあるようです。

ちなみにスピロノラクトンはホルモンに作用する薬なので、男性や妊娠中または授乳中の女性は服用することができません。長期間服用しても副作用が少ないとされている薬ですが、健康状態によっても薬を服用できない場合があるので、医師から処方されたものを服用するようにしましょう。

画像出典: https://www.qlife.jp/meds/rx15735.html

顔がテカリやすい人はニキビができやすい?

顔のテカリのもとである皮脂はニキビの原因にもなります。逆に皮脂の分泌を抑えることでニキビができにくくなるともいえるので、これまでに挙げた顔のテカリ対策を行うことによってニキビの改善にもつながります。

また、ニキビケア用の化粧品を使うことでも皮脂を抑える効果があるので、ニキビケアとともに顔のテカリを防ぐ効果も期待できます。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

まとめ

顔のテカリというのは気になりだすとキリがないもの。皮脂の分泌はストレスによっても促進されることがあるので、ある程度ケアしたらそれ以上は気にしないようにするという鈍感力を働かせることも必要なのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする