やっぱり本当だった!チョコレートはニキビの原因!食べてはいけないチョコ|食べてもよいチョコ

チョコ
', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

「チョコレートを食べるとニキビができる」

みなさんこんなフレーズを一度は聞いたことがあるでしょう。 それは、本当です。
チョコレートには脂質と糖質が多く含まれており、その脂質と糖質は皮脂の分泌を促進するため、チョコとニキビは深く関係するのです。 こちらではチョコとニキビの関係性をご説明し、食べてはいけないチョコ、どうしても食べたい時に食べてもよいチョコをご紹介いたします。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

なぜチョコを食べるとニキビが出来る?

皮脂が詰まる「脂っぽい食事・甘いものはニキビに良くない」
ニキビに悩んでいる人であればこの知識をお持ちの方は多いと思います。 ですが、その根拠を知らない方も多いのではないでしょうか。
ニキビの出来る原因は「皮脂の分泌」と「毛穴の詰まり」にあります。
皮脂は毛穴からスムーズに外へ排出されていれば問題はないのですが、毛穴の大きさ以上の量の皮脂が排出されようとした場合には毛穴詰まりを起こし、ニキビとなってしまうのです。
ニキビができる直接的な原因は、全てこの「皮脂の毛穴詰まり」によるもの。
チョコを食べることにより「皮脂分泌」が促進され、「毛穴詰まり」を起こし、ニキビとなるのです。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

チョコレートは脂質と糖分でできている!

チョコレートの箱や袋に記載されている栄養成分表を見たことはありますか?
成分をみてみると、なんとチョコの半分は脂質でできているのです!(ナッツ等が入っていない場合)
参考までに、大人気のチョコ、森永製菓「DARS」の栄養成分をご覧ください。
1粒3.5gのチョコのうち、1.5gが脂質なのです。(1粒の約半分)
これを1箱食べてしまうと、1.5g×12粒で、18gの脂質を摂取することになります。

ダース DARS成分

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」によると、一日に必要な脂質の平均は約46gとされているので、この1箱だけで一日の3分の1以上の脂質を摂取してしまうのです。
そして、成分表に記載されている炭水化物とは糖質を意味します。
1粒3.5g
のチョコのうち、1.5gが脂質、1.9gが炭水化物のため、チョコはほぼ脂質と糖質でつくられていることがわかりますね。
※DARSは一粒づつ分かれていて参考にしやすいため、例として取り上げています。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

ニキビを気にするなら!控えた方がよいチョコ

森永製菓「DARS」、明治製菓「明治ミルクチョコレート」、ロッテ「ガーナ ミルクチョコレート」等、どこのコンビニやスーパーでも売られているチョコレートを調べたところ、製品により少しの誤差はあるものの、ほとんどが脂質と糖質でつくられていました。
明治製菓「明治ミルクチョコレート」については、一枚が65gあり、この一枚で脂質22.6g、糖質33.7gも摂取してしまいます。
これにより、通常に売られているチョコは脂質と糖質を大量に摂取し、皮脂分泌を促進してニキビの原因となるため、食べないほうがよいと言えるでしょう。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

食べてもよいチョコ

糖質オフチョコ「食べてはいけない」といっても、やはりチョコが好きな人に「食べない」というのは難しいもの。。。そこで、「食べてもよいチョコ」はないか調べました。
http://www.teitoukoubou.com/fs/teitou/c/gr73#tou066
こちらの低糖工房「糖質オフ スイートチョコレート」は、一枚4.5gで脂質は2.2gと通常のチョコと同じ程度ですが、糖質は0.2gとかなりカットされています 。
通常のチョコだと脂質と糖質を大量に摂取してしまいますが、こういった糖質カットのチョコであれば、糖質の摂取は抑えることができます。

zero他には、ロッテ「ZERO」。
こちらは1本10gに対し、脂質3.8g、糖質2.8gとなっています。 低糖工房「糖質オフ スイートチョコレート」よりは糖質が多いですが、通常のチョコに比べると、糖質は半分程度少なくなっているので、通常のチョコよりは食べてもよいチョコだと言えます。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

最後に。

チョコは脂質と糖質でつくられているため、ニキビができやすい体質の人は避けたほうがよい食べ物だと言えます。
チョコを選ぶ際には成分表をみて、脂質と糖質の量をチェックし、なるべく脂質・糖質が少ないものを選択するとニキビ予防に繋がるかもしれません。
DARSグラフ 糖質オフグラフ ZEROグラフ

ニキペディアTOPに戻って最新のニキビ記事を見る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする