アトピー&ニキビ併発の最大の原因は乾燥!心得るべき点4つ

アトピーアイキャッチ

アトピー性皮膚炎にかかっている上にニキビができやすいという方は、特に空気が乾燥する時期にニキビできるケースが多いようです。今回はその理由とともに、アトピーとニキビが併発している場合、どんな点に注意をしてケアをするべきなのかを紹介いたします。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

1. アトピー肌の人が乾燥によってニキビができやすくなるワケ

アトピー性皮膚炎の方の皮膚は、角質層のバリア機能が低下して外部からの刺激を受けやすくなっています。少し引っかいただけで炎症を起こしたり、傷がつきやすくなるのはそのためです。

さらに外部からの刺激に弱いことに加え、肌の保水力も低下しているため、空気の乾燥にもかなり敏感です。角質層のバリア機能が失われ乾燥した状態の肌は、カラカラの状態の肌を皮脂で補おうとするため、毛穴から必要以上の皮脂を分泌します。その過剰分泌した皮脂をエサに、ニキビの元凶であるアクネ菌が増殖してニキビができるというわけです。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

2. アトピー&ニキビのケアは保湿が基本!

保湿が大事乾燥や外部からの刺激による肌へのダメージを軽減することは、アトピーとニキビの症状の悪化を防ぐことにつながります。そのためにはまず何よりも保湿することが大切です。保湿の基本は、肌に水分を与えて、上から保湿剤でフタをすること

 アトピーがある場合、基本的にニキビケア専用のアイテムを使うことはおすすめしません。ニキビケア専用のアイテムは、アトピーの肌には刺激が強すぎて、かえって症状の悪化を招く可能性が高いためです。

では、アトピーとニキビが併発している場合に使うべき保湿アイテムは何か?

2-1. アトピーとニキビのための化粧水

無印化粧水まずは肌に水分を与えるために化粧水を使います。化粧水は、無印良品で扱うような不純物の少ない化粧水をおすすめします。

無印良品
化粧水・敏感肌用 しっとりタイプ 400ml980円(税込)
化粧水・敏感肌用 高保湿タイプ 400ml1,200円(税込)

敏感肌用で保湿力の高い化粧品はこの2点です。しっとりタイプと高保湿タイプがありますが、高保湿タイプはしっとりタイプよりもトロっとした質感で、より保湿効果は高いです。好みによって使い分けましょう。

なお、この化粧水をおすすめする理由は、無香料、無着色、アルコールフリーで、肌に刺激を与える成分が最も少ない部類の化粧水であり、なおかつコストパフォーマンスの高い商品だからです。400mlの大容量タイプであれば、全身に使用しても約2ヶ月ほどもちます。もちろんアレルギー反応が出る可能性がゼロというわけではありませんが、肌に感じる刺激は限りなく水に近いです。

※どの化粧水でも沁みてしまうという方へ

どんな化粧水を使っても沁みてしまい、化粧水を使うことに抵抗があるという方は、入浴後あまり水分を拭き取らずに、すぐにそのまま軟膏や保湿剤を塗布することをおすすめします。体の水分を残したまま、軟膏や保湿剤をつけることで乾燥する前に水分を閉じ込めておくことができるからです。

2-2. アトピーとニキビのための保湿剤

化粧水で肌に水分を与えた後は、クリームなどの保湿剤で保護します。使用する保湿剤は、極力アトピー向けの低刺激でアレルギー反応を起こさないもので、ニキビに影響のないよう、油分が多くない保湿剤を使うのがよいでしょう。その条件を満たす保湿剤は、皮膚科で処方されるヒルドイドです。

ヒルドイドとは、アトピー性皮膚炎の方の保湿剤としても処方される医薬品です。このヒルドイドが、アトピーとニキビが併発した肌に適しているのは、水分を肌に浸透させて閉じ込める作用がある上に低刺激であるという点です。

なお保湿剤として使われるのは、ローション、クリーム、軟膏の3種類。この中のクリームについては、添加物のラノリンアルコールによって、皮膚の発赤や湿疹を引き起こす可能性があるので、避けた方が無難です。皮膚科でもアトピーの方に処方されることは少ないです。

ただし、ヒルドイドは血行促進作用があるので、アトピーの症状が重い場合はかえって悪化させる可能性があります。その場合は、最も安全なワセリンに切り替える必要があります。

アトピーの症状段階とともに、各段階に適した保湿剤を表にまとめているので参考にしてみてください。

症状別保湿剤一覧

アトピー性皮膚炎は、表のように皮膚の症状によって①軽微、②軽症、③中等症、④重症の4段階に分けられています。皮膚科では、症状の段階に関わらずワセリンを処方するところも多いですが、中等症くらいの症状まではヒルドイドを使ってみましょう。ただし、症状が軽微であってもヒルドイドが合わない場合もあるため、その場合はワセリンに切り替えるか、医師の指示に従いましょう。

※ワセリンについて

ひとくちにワセリンといっても、その精製度によって違いがあります。皮膚科で処方されるのは、白色ワセリンもしくはプロペトになります。皮膚科で処方されるワセリンなので、どちらを使っても基本的には問題ないですが、プロペトの方がより精製度が高いのでプロペトを使った方が無難です。

・ワセリンに関する詳しい情報はこちらから→ ワセリンがすごい!ニキビへの効果と使用上の注意点完全網羅

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

3. アトピーとニキビがある場合、何で体を洗ったら良い?

症状がニキビのみの場合は、ニキビケア用の洗顔料やボディソープなどをおすすめしますが、アトピー肌の場合、それらは避けた方がいいです。

無添加の普通の石鹸では何を使ったら良いかというと、それは「無添加の普通の石鹸」です。これは多くの皮膚科の先生方もおっしゃいます。特に高価な石鹸でなくとも、写真にあるような価格の手頃な石鹸で問題ありません。

無添加 白いせっけん1P(1個)
価格:162円(税込)
画像出典:http://shop-miyoshisoap.jp/ec/products/detail.php?product_id=515111

無添加 洗顔せっけん(1箱・2個入)
価格:540円(税込)
画像出典:http://shop-miyoshisoap.jp/ec/products/detail.php?product_id=511061

汚れを落とすには湯船につかるだけで十分だとも言われていますが、アトピー治療をしている方はたいてい保湿剤やステロイドなどの軟膏を使用していると思います。お湯だけでは肌に塗布した軟膏などを落としきれないので、なるべく石鹸でやさしくきれいに落とすようにした方が良いです。

とはいえ、アトピーの症状によっては、どんな石鹸も沁みてとても使えないという方もいらっしゃるでしょう。その場合はお湯のみで体を洗い、湯船にゆっくりとつかるようにしてください。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

4. アトピー治療の代表薬、ステロイドはニキビには悪影響?

ステロイドリンデロンアトピー治療につきもののステロイドは、ニキビによくないという話を耳にするかもしれません。確かにステロイドを長期に渡って使用することで、ニキビの原因菌に対する抵抗力が弱まり、ニキビができやすくなるという可能性はあります。

しかし、ステロイドの使用で必ずニキビが悪化するわけではありませんし、アトピーの症状によってはステロイドを使った方が良い場合があります。ニキビの有無に関わらず、ステロイドの使用に抵抗がある方もいらっしゃるかと思いますが、ステロイドを使用しないことで症状が重症化し、日常生活に支障をきたすケースも珍しくありません。

皮膚科の医師と相談し、使用頻度を確認した上でステロイドを適切に使うことが、現代医学においてはアトピー治療の正攻法なのです。

・ステロイドに関する詳しい情報はこちら→ ニキビを治す効果はステロイドにはなし!その根拠を一挙公開

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

まとめ

アトピー肌にニキビができている場合、そのケア方法が限られているのが厄介なところです。さらにニキビとは違い、アトピー性皮膚炎は完治が難しい病気です。まずはアトピーの症状を抑え、保湿を徹底することがアトピーとニキビの改善の近道となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする