ニキビを制する3大要素:高保湿・抗酸化・抗炎症のクリーム

ニキビを制する3大要素.高保湿.抗酸化.抗炎症のクリーム

ニキビ予防・改善のためには、クリームによる毎日の保湿はとても大切です。保湿をしっかり行うことにより、角質層に水分が保たれ、肌のバリア機能やターンオーバーが正常に働くため角質が厚くなることを防ぎ、ニキビを予防することができるからです。そのため、洗顔後の化粧水や美容液による肌への水分・栄養補給後にさらにクリームで蓋をすることは、ニキビを予防・改善するためにはとても重要なポイントになります。ニキビが出来やすい敏感肌からノーマル肌まで、毎日使用しても肌への刺激が少ない、高保湿・抗酸化・抗炎症作用のあるアロエのクリームを厳選クリームとしてご紹介します。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

1. ニキビの予防・改善に最も貢献するクリームの条件

まず、ニキビの予防と改善に最適なクリームの条件とは何でしょうか?以下に全ての条件を列記しました。

条件1: 保湿がしっかりできる成分が入っていること

保湿成分がをしっかり配合日本の気候は温暖湿潤気候です。他の国と比べると、日本の夏は特に空気中の湿度が高いので、昔はさっぱり系の基礎化粧品が好んで使用されていました。

しかし、現代ではエアコンが効いた室内でのデスクワークなど、肌が乾燥しやすくニキビができやすい環境に私たちはいます。保湿成分がしっかり入っているクリームを使用することで、ニキビの大きな原因のひとつである乾燥を防ぐことができます。

条件2: 抗酸化作用の成分が入っていること

抗酸化作用成分配合活性酸素は、紫外線や空気中の汚染物質などによって肌にも発生しますが、これが皮膚の脂質を酸化させ、「肌サビ」といわれる過酸化脂質をつくります。この肌のサビは肌のハリツヤを失わせ肌老化を進め、ニキビを誘発し悪化させる原因になります。

抗酸化成分が配合されているクリームを使用することによって、肌に発生している活性酸素を除去し「肌サビ」とニキビを予防することができます。肌サビを防ぐことはニキビの予防にはとても大切なポイントです。

条件3: 肌に負担や刺激の少ない自然派であること

肌に負担や刺激のない自然派化粧品に配合されている界面活性剤などの添加物は、長い目で見ると角質層の深部から細胞を徐々に傷つけていってしまいます。特にニキビになりやすい敏感肌にはなるべく肌への刺激が少ない自然派のクリームを選択することが望ましいでしょう。

条件4: ノンコメドジェニックであること

ノンコメドジェニックであることニキビの原因になるコメドが作られにくい処方をノンコメドジェニックと呼びます。毎日使用するクリームには、ニキビ発生の可能性を下げるノンコメドジェニックが証明されたクリームをおススメします。

ニキビの予防と改善に効果的なクリームの以上4点の条件を全てクリアしているクリームが、アロエのクリームなのです。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

2. ニキビの予防・改善のイチ押し:アロエベラの効果

アロエベラアロエは、紀元前より薬としての効果を認められ、世界各地で栽培され食用・外用として利用されてきました。その薬効は多種多様で、けがの治療から、肩こり、歯痛、胃腸の不調などあらゆる症状を改善することができます。

肌へ直接湿布することでニキビを予防・改善する優れた効果を発揮します。悪化したニキビをこすった後にアロエゲルを湿布することにより、1週間ほどで症状が改善したという研究結果もあります。※1また、アロエの葉から抽出されたエキスは、200種類もの有効成分が含まれています。

※1:八木 晟 (2002). アロエの活性成分 : 最新情報(2002年)Bioactive ingredients of Aloe : a review update, 2002 福山大学薬学部研究年報 20, 37-63, 2002http://ci.nii.ac.jp/naid/110007408734

2-1. アロエエキス配合クリームのニキビ予防・改善効果

アロエエキス配合のクリームでは、アロエエキスの成分がどのようにニキビの予防・改善に役立つのかを見てみましょう。

ムコ多糖体

細胞と細胞を結合するゲル状の物質で関節や皮膚など体内のいたるところに存在する成分です。ムコ多糖類は皮膚に膜を作り、傷口を守ります。作られた膜から水分が皮膚に浸透し、皮膚の水分量が上がり傷口の乾燥を防ぎます。肌の保水性・保湿効果に優れているため、乾燥から発生するニキビを予防します。

アロエチン

優れた殺菌力と毒素中和作用があり、ニキビをはじめ、切り傷や吹き出物、火傷への作用があります。また、活性酸素の消失作用(抗酸化作用)もあります。

アロエウルシン

組織の再形成を促進する作用があり、抗潰瘍作用があるといわれています。この作用はニキビ跡の改善にも効果を発揮します。

アロエマンナン

抗炎症作用がニキビの予防と改善に役立ちます。また、老化防止効果もあります。

リンゴ酸

コラーゲンの生成をサポートし、肌の潤いを保ちニキビを予防します。

アロイン

紫外線防止作用があります。発赤、炎症を引き起こすUV-Bを吸収して日焼けを防ぎます。また、肌の色を黒くし、しみ・そばかすを濃くしてしまうUV-Aの作用を抑制します。紫外線によるニキビの悪化やニキビ跡を防ぎます。

酵素たんぱく質

活性酸素に対抗する抗酸化作用成分(カタラーゼ・SOD)が正常な細胞の破壊による肌老化を防ぎ、ニキビの予防と改善に効果を発揮します。

アロエは上記のように、あらゆる方面から肌の状態を健康に保つ成分が含まれています。アロエエキスを直接肌に湿布すると効果が強すぎることがあるので、ノンコメドジェニック処方でなおかつ自然派の肌にやさしいアロエのクリームを日常的に使用することをおススメします。

【注】アロエ成分のニキビ予防と改善効果は優れていますが、人によっては肌に合わないケースもあります。使用前に必ずパッチテストを行いましょう。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

3. ニキビの予防と改善に効果的なアロエクリーム

ここでおススメなのが、クリームベースにアロエパウダーとアロマ精油を加えた手作りアロエクリームです。手作りのためノンコメドジェニックは確認できませんが、以下にご紹介する材料はアロエパウダーをはじめとして限りなく無添加・自然派で敏感肌にとてもやさしい成分でできています。肌を十分に保湿、抗酸化、殺菌するので、まさにニキビを制する高保湿・抗酸化・抗炎症の特製クリームの出来上がりです。このクリームのレシピでは火を使う必要がないので、初心者でも簡単に作ることができます。

手作りのアロエ&アロマクリーム

【材料】

1. クリーム基材 20ml
クリーム基材

画像出典&商品購入サイト:http://shop.flowersroom.jp/?pid=26246221

2. 200倍濃縮アロエベラパウダー 0.4ml
200倍濃縮アロエベラパウダー

 画像出典&商品購入サイト:http://www.ringaringa.net/item/active/aloe.html

3. アロマ精油(真正ラベンダー) 4~8滴
真正ラベンダー

画像出典&商品購入サイト:http://www.ringaringa.net/item/ceo/ceora.html#lavenderangus

4. クリアーガラス容器
ガラス容器

画像出展&商品購入サイト: http://www.ringaringa.net/item/bottles.html#clearjar20

【作り方】

  1. ガラス容器の中にクリーム基材を入れます。
  2. クリーム基材にアロエベラパウダーを加え良く混ぜます。
  3. アロマ精油(ラベンダー)を加え良く混ぜます。

冷暗所保存し、新鮮なうちに1~2か月で使い切ってください。

エーシーコンフロント エマルジョン L/M

エーシーコンフロントニキビの予防と改善に最適な4つの条件を全て満たしているのは、市販のアロエ配合クリームの中ではこのクリームです。

アロエエキス以外にも自然派の保湿成分が配合されているので肌を十分に保湿します。販売会社に問い合わせたところ、ニキビが改善されたという声も多々あるようです。無香料、無着色、無鉱物油、オイルフリー、アルコール(エタノール)フリーです。

内容量:L(ジェル状乳液タイプ)/M(ジェル状クリームタイプ)各35g
<薬用ジェル状乳液・ジェル状クリーム>

価格:3,000円+税

画像出展:House of Rose

http://www.houseofrose.co.jp/products/brand/skincare/acconfront/acconfront04.html

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

4. まとめ

いかがでしたか?

敏感肌をはじめ、どのような肌タイプの人にとってもクリームによる保湿は、肌のバリア機能を保ち、ニキビを予防するために大切なスキンケアのひとつです。化粧水や美容液の蓋としてだけの効果ではなく、やさしく肌を元気にする、栄養たっぷりのアロエクリームを毎日のスキンケアとして使用するとニキビの予防と改善に効果的です。また、長期的にみても肌への負担を減らし健康的な美肌のキープに役立つでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. PC Care UK より:

    How to get from doctor uk http://www.pccareuk.com/home/pharmacy/phergan.html cheap online fast shipping.

  2. adpdirectltd より:

    Where can I order generic http://www.adpdirectltd.co.uk/wp-docs/pharmacy/angimon.html generic next day delivery uk.