石鹸でも肌荒れを起こしてしまう人へ!アロエがオススメ

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

石鹸の特徴を知ろう

石鹸は、
動物性や植物性の油を

使用した

界面活性剤です。

主に、
脂肪酸ナトリウムや
脂肪酸カリウムなどで
構成されています。

因みに、
肌に触れても
水と一緒に流せる

成分です。

石鹸は肌に負担がかかる?

石鹸は、

弱アルカリ性なので

弱酸性の肌には
負担がかかるとも
言われています。

実際は、
石鹸で肌が

アルカリ性になるのは

ほんの僅かな時間です。

使用後は、
自然に弱酸性へと

戻ります。

従って、

必要以上に

心配することは

ないでしょう。

古い角質は落とそう

さて、
洗顔石鹸には
古い角質を剥離させる

効果があります。

古い角質を

剥離させることは、

美肌にとって

必要不可欠です。

また、
一般的な石鹸にも
皮脂の汚れを落とす

効果があります。

ところが、
使い方次第で
肌に強い刺激
与える場合もあるのです。

ゴシゴシ洗わずに、
しっかりと

泡立てることが

大切になります。

ピーリング効果のある石鹸を使おう

出来れば、
ピーリング効果のある
石鹸を使いましょう。

ピーリングタイプの中には、
余り

泡立てない方が良い

石鹸もあります。

使用前は、
説明書を熟読して
正しく使いましょう。

弱アルカリ性の石鹸もあるのでチェック

敏感肌の人は、

石鹸で洗顔しても
肌荒れを起こすことが

あります。

その時は、
バリア機能
崩れている可能性も

考えられるでしょう。

so-pu

洗顔石鹸の注意点

洗浄力強い石鹸は、
肌に欠かせない

皮脂までも
洗い流してしまいます。

そのため、
石鹸が肌に残った状態を
長時間続けると
乾燥してしまうのです。

脂性肌の人は、
時間をかけて十分に洗い

油を落とそうとすることも
少なくありません。

しかし、
洗顔石鹸を

長時間使うと

肌に負担がかかるのです。

泡立てることに

時間をかけて、

優しく洗ってから

洗い流しましょう。

洗顔時に、
石鹸と水が結合して

石鹸カスが発生します。

あなたの肌はどうですか?

肌に、

石鹸カスを落とさずに
残しておくと
突っ張りませんか?

この時、

肌に感じる「突っ張り」は

潤い不足を伝えている

合図なのです。

化粧水などで、
たっぷりと保湿して

対策しましょう。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

石鹸だけじゃない!アロエで肌荒れ対策

洗顔石鹸の影響で、
肌荒れを

起こすことがあります。

そんな時は、
アロエ

オススメです。

最近では、
アロエの美肌効能を

利用した石鹸が

多く販売されています。

刺激弱い人向けに、
刺激で失った

潤いを補う成分が

配合されているのです。

そこで、
一度

使ってみませんか?

使用後、

翌朝の肌荒れ状態を

チェックしましょう。

アロエで注意すべき点

気を付ける点は、
アロエに
アレルギー反応

出る場合です。

確率は低いものの、

アレルギー体質の人も

います。

aroe

そのままでも、
アロエは

美肌効果があるので
利用しましょう。

アロエを活用しよう

アロエを熱湯で消毒して、
エキスを絞ってから

患部に直接

塗布します。

或いは、
ガーゼに含ませて

貼るのも効果的です。

塗る以外にも、
食べることで

効果が発揮されます。

肌荒れが気になる人は、
予防対策としても
アロエを取り入れた
メニューがおすすめです。

アロエパワーは凄いのです

アロエは、
医者要らず」の

異名を持つほど
効能に優れています。

家庭で発生する

病気の大半は、
「アロエで治る」と
言われているのです。

庭にアロエを植えて、
家庭常備薬として
使っている

地域もあります。

肌荒れを起こしやすい人は、
色々な成分に対して

敏感です。

先ずは、
使っている石鹸が
自分の肌質に合っているかを
確認しましょう。

ヒリヒリが続いたり、
赤みが出なければ
問題はありません。

直ぐに反応が出るので、
異常があれば
使用を止めましょう。

石鹸が合わない人は、

アロエを

試してみて下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする