春の肌荒れとかゆみの原因は花粉症かも?

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

気になる春先の肌荒れ

になると、
気になる 肌荒れ

ありませんか?

知らないうちに、
肌がかゆくなったり
カサカサしたりするのです。

人間の肌は、
非常に薄い構造で

成り立っています。

何と、

表皮の厚みは
僅か0.2mm以下しか

ないのです。

薄くなった肌は、

少しの刺激でも

敏感になってしまいます。

そのため、

悪影響を及ぼす

外部刺激などに

耐え切れなくなるのです。

そのまま放置すると、

治すことも困難な

肌荒れになってしまいます。

こうした、

悪循環を解消するためも

原因対策を学びましょう。

3b4b40edb4df99523d7b5fe8c4135576_s

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

肌荒れが起きる原因

肌荒れが起きる原因を、

大きく分類すると

内的要因外的要因

分けられます。

【内的要因】

・ 暴飲暴食

・ 不規則な生活習慣による疲れ

・ 睡眠不足

・ 血行不順

・ ストレス

・ 便秘

・ ホルモンバランスの乱れ

【外的要因】

・ 紫外線

・ 花粉やダニなどのアレルゲン

・ 肌に合わない化粧品

・ 不潔な寝具

・ 不十分な洗顔

上記のように、
肌荒れも様々な原因

考えられるのです。

その中でも、
春先に心配なのが
花粉アレルギーによる
肌荒れではないでしょうか?

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

花粉アレルギーによる肌荒れ

花粉症の症状と言えば、
クシャミや鼻水を連想される方が

少なくありません。

花粉による、

アレルギーを起こすのは
呼吸器系だけではないのです。

実は、

も花粉に対して
アレルギー反応起こします。

そもそも花粉は、
口や鼻からの吸い込みや
目や肌に付着して
体内に侵入するのです。

体内へと 入り込んだ部分に、
強いアレルギー症状
引き起こします。

吸い込んだ場合は、
クシャミや鼻水、
鼻づまりなどの

症状が出るでしょう。

花粉に 直接触れた場合だと

肌荒れやかゆみ、
かぶれなどを生じます。

その上、
アトピー性皮膚炎の方は

症状が悪化する

可能性もあるのです。

ですから、

花粉による外的刺激で

肌荒れが起こる危険性も

知っておきましょう。

そこで、

花粉による 肌荒れ対策

ご紹介します。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

花粉での肌荒れの対策

まずは、

花粉が原因ですから

徹底的に

花粉を 防ぎましょう。

外出する時は、

マスク着用や

ゴーグルタイプの 眼鏡

帽子でガードします。

但し、
マスクを着用していると
口周りに湿気がこもり
刺激となる場合もあるのです。

すると、
刺激を受けた口周りは
荒れてしまったりします。

合わない素材の、

マスク着用は避けて

自分に合ったマスクを

選びましょう。

・ 服装は肌の露出を控える

  ⇒肌への付着を避ける

 ・ メイクはサラッとしておく

⇒花粉の付着を抑える

肌荒れを起こしている時は、
バリア機能も崩れて

皮膚表面が 外部刺激に

さらされた状態です。

対策としては、

化粧品で肌をしっかり

保護しましょう。

加齢や乾燥以外に、

原因が 洗顔のし過ぎと言う

場合もあり得ます

8ee0ff6f20daa88576e7040e2756724d_s

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

間違った洗顔に注意しよう

間違った洗顔で代表的な、

ゴシゴシ洗いや
刺激が強い 洗顔料使用 などは

止めましょう。

洗顔時にありがちな、

熱めお湯を使うのも
肌の潤いに

必要な 皮脂奪います。

従って、

洗顔には ぬるめのお湯を
使うようにしましょう。

洗顔後の 保湿を、

意識しながら行って下さい。

おすすめなのは、

刺激の少ない

化粧水使うことです。

アルコール入りの化粧水は、

肌にしみる場合があるため
注意しましょう。

また、

意外に油断しがちなのが

のお手入れです。

花粉の影響で、
ガサガサに乾燥したり
腫れてしまう方も
少なくないでしょう。

リップベースや、
ワセリンなどで保湿をして

保護します。

更に、
鼻をかむ時の摩擦
刺激になることもあるのです

低刺激で、

肌に優しいティッシュなどを

使用しましょう

その他には、

栄養バランスの偏りが
肌に悪影響を及ぼす場合も

あります。

不足しがちなビタミンや、
必須アミノ酸を補給するのが
おすすめです。

是非、

春先の 花粉が気になる前に
肌荒れ対策を

万全にしておきましょうね。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>
', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする