食材選びからあなたの肌の運命は試されている。美肌に良い食材悪い食材

毎日、どんなものを食べていますか?日々の食事が自分の肌を作り上げていると言っても過言ではありません。美しい肌を目指すなら、肌に良い食材を取り、悪い食材を避けることが必要でしょう。

そこで、どのような食材を選ぶと良いのかを見ていきましょう。日々の食材選びのご参考に!

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

食生活が肌に与える影響とは?

breakfast-848313_640

まずは、食生活がどのように肌とかかわりがあるのかを考えてみましょう。美肌になるために、いくら高価な化粧品やスキンケア商品を使って外側からきれいにしようとしても、限界があります。

肌の本当の美しさは内側から作られるからです。食生活が乱れていると、健康を損なうことがありますよね。

それと同じように、肌荒れ(ニキビや吹き出物ができたり、カサカサ乾燥したり、べとべと脂っぽくなったりする)が生じる原因は、ストレスや睡眠不足、ホルモンバランスの乱れなど様々な要因が考えられますが、食生活の乱れも大きく関係しています。日々の積み重ねで、肌に良い食事をして、肌を美しくするのに必要な栄養素を摂り入れることで、自分の肌を導きましょう。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

肌に良い食材とは?

breakfast-21707_640

肌に良い食事というのは、栄養バランスが取れている食事とされています。健康や美肌に良い栄養素を摂取することです。では、どのような栄養素が肌に良いのか、その栄養素がどのような食材に多く含まれているのかをご紹介していきます。

注意点として、あくまでもこれらの栄養素を含む食材をバランス良く、まんべんなく摂ることが大切ですから、偏らないようにしてください。

ビタミンE

ビタミンEは、抗酸化作用があり、若返り効果を期待できるビタミンとされています。また、血行を促進する働きもあるため、肌の健康な状態を作り上げるでしょう。さらに、肌のバリア機能である、皮膚に必要な皮脂を分泌させるので、乾燥肌になるのを防ぎ、潤いある肌へと導いてくれる効果も期待できる栄養素です。

ビタミンEを多く含む食材は、魚類、卵黄、牛乳、モロヘイヤ、大根、かぼちゃ、赤ピーマン、ほうれん草、アーモンドやピーナッツなどのナッツ類があります。

ビタミンC

ビタミンCは、メラニンの生成を抑える働きがあります。ですから、紫外線によるシミやしわを防いでくれるでしょう。そのうえ、メラニン色素の沈着を抑える効果も期待できますから、シミやそばかす予防にも効果ありです。また、コラーゲンを生成する働きもあるので、肌に弾力やハリをもたらしてくれます。

ビタミンCを多く含む食材として、イチゴ、トマトやパセリ、キウイ、パプリカ、レモン、ブロッコリー、ゴーヤなどがあります。ビタミンCは、ビタミンEやビタミンBと一緒に取ることで、それぞれの効果をよりアップさせると言われていますから、食材を上手に両方使って食事を作ったり、おやつに取り入れてみましょう。

ビタミンB

ビタミンB群のなかでも、ビタミンB2やビタミンB6などが美肌効果を期待できる栄養素です。ビタミンB2は、皮膚や粘膜の健康を保つ働きがあります。ビタミンB6は、免疫機能を正常に保ってくれます。また、アミノ酸を供給してくれるので、肌のターンオーバー’新陳代謝)を促し、ハリやつやのある肌になれます。

ビタミンB2を多く含む食材は、卵黄、レバー、ししゃも、いわし、ウナギ、チーズ、納豆などです。ビタミンB6は、マグロやカツオなどの魚類、鶏肉、ニンニク、バナナ、メロン、アボカド、ピスタチオ、サツマイモなどに多く含まれています。

ビタミンA

ビタミンAは、皮膚の健康を保ち、乾燥を防いでくれます。また、コラーゲンを増加させる働きもあるので、潤いある肌になれるでしょう。そして、ビタミンAには、ベータカロチンとレチノールの2種類がありますが、そのうちレチノールには若返りの効果を期待できるとされています。

ビタミンAを多く含む食材には、ニンジンや、かぼちゃ、パセリ、トマト、緑黄色野菜、のり、鶏レバー、うなぎ、ほうれん草、卵などです。ビタミンAは、油によく溶ける脂溶性ビタミンなので、油と一緒に取ると効果がより上がるでしょう。

タンパク質

タンパク質は、私たちの体の20%を構成している成分です。ですから、私たちが生きていくのに欠かせない栄養素です。それだけでなく、肌に潤いをもたらすコラーゲンを作り出します。たんぱく質が不足すると、たるみやくすみ、肌の老化を促してしまいます。

タンパク質は、肉や魚、卵、乳製品、大豆製品などに多く含まれています。ですから、ダイエットなどをして肉類などを食べない生活をしていると、肌荒れを引き起こすことがあります。肉類もバランスよく食べることが大切です。

亜鉛

亜鉛は、体に必要なミネラルの一つです。肌のターンオーバーを促し、髪の毛や爪などを美しく保つにもこの亜鉛は必要とされています。また、女性ホルモンのバランスを整える作用もあるので、ホルモンバランスの乱れから生じる肌荒れを防ぐ効果も期待できるでしょう。

亜鉛を多く含む食材は、牡蠣やほたて、卵、納豆、豚レバー、するめ、チーズ、きな粉などです。亜鉛は、ビタミンCや、動物性たんぱく質、クエン酸などと一緒に摂取すると、吸収率がアップします。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

肌に悪い食材とは?

french-fries-164688_640

では、肌に悪い食材にはどのようなものがあるでしょうか?せっかく肌に良い食材を一生懸命取っていても、悪い食材を取っていると効果が出ない可能性もあります。次に挙げるものを肌荒れが起きている時には、特に避けるように心がけましょう。

カフェイン

カフェインには、利尿作用があり、ビタミンやミネラルを体外に排出してしまう働きがあります。そのため、せっかく食事などでビタミンやミネラルを取っても、コーヒーや紅茶などをよく飲む方は、効果を望めない可能性があるでしょう。

まったく取らない方が良いというわけではありません。カフェインが老化予防に効果的という情報もあります。ですから、適度な量に抑えるようにしてください。1日に1~2杯程度に抑えると良いかもしれません。

脂っこいもの

脂っこい食べ物は、皮脂の過剰分泌を促し、ニキビができたり肌がべたつかせたりすることがあります。ですから、スナック菓子、ファーストフード、コンビニ弁当、揚げ物など脂っこいものばかりを食べる習慣がある方は、気を付けましょう。

外食が多い方も、できるだけバランスよく食べることを意識するようにしてください。可能なら、やはり自炊をすることがおすすめです。

冷たいもの

体を冷やすと、血行が悪くなり、新陳代謝も低下します。肌の状態にも影響が及び、乾燥肌の原因になることもあるでしょう。野菜が体に良く、栄養バランスを取ろうと生野菜サラダばかりを食べていると、体を冷やす恐れがあります。

ですから、生野菜を食べすぎるのも要注意です。温野菜にしたり、生野菜を食べるにしても量や頻度、ほかの食材とのバランスを考慮しましょう。また、飲み物も冷たいものばかりを飲まないように気を付けてください。

お酒の飲みすぎも、利尿作用があり水分不足になり、肌の乾燥を招く場合があります。また、お酒を飲むときは、ついつい脂っこいものを食べてしまうことも多いので、気を付けたいですね。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

毎日の食事で美肌作りを!

breakfast-1534465_640

美肌になれる食材をご紹介しましたが、いかがでしたか?日々のご自分の食事に肌に良い食材を積極的に取り入れていきましょう。そして、肌に悪い食材を避けるように心がけたいですね。日々の積み重ねが体と肌を作り上げます。食生活を意識して少しの改善を図って、体の内側から美を作り出していきましょう!

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>
', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする