化粧水って効果があるの?化粧水を使用することで得られる効果で美肌になる5つのポイント

化粧水って何のためにつけていますか?雑誌で良いと聞いたから?みんなつけているからなんとなく?化粧水の効用効果をきちんと理解して正しく使えている人って意外と少ないのではないでしょうか。

間違った知識でケアしていると、効果半減どころか、かえって乾燥の原因になっていたり、ニキビや毛穴のつまりの原因になっているケースもあるのです。

正しく化粧水でケアを行い、その効果を存分に生かすことができれば、化粧乗りもばっちり、毛穴のよごれとも無縁なツルツルすべすべのお肌に生まれ変わることが出来ます。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

化粧水って?役割と効果をチェック!

そもそも化粧水って?

洗顔後、一番に肌に触れるといわれている化粧水。成分は7~8割が水分、そこにプラスで保湿成分や美容成分を配合してつくられています。

一番の目的は保湿で、お肌に水分を与え、潤いやみずみずしさを持たせる効果があります。

化粧水の目的

化粧水の一番の目的は保湿、お肌に水分を与える効果です。お肌に水分を与えることで、キメを整え、お肌のコンディションを良くします。

水分がいきわたったお肌は生き生きと瑞々しく、艶が出て美肌効果もばっちりといえます。

水でなく化粧水でないとダメな理由

つい、保湿だけなら水で良いのでは?と思ってしまいがち。

ですが、化粧水が、普通の水と違う点は、お肌の奥まで浸透するという点。普通の水で洗顔した後って、はじいてハリやツッパリ感が残ってしまったりしますよね。

一方化粧水を使うとしっとり仕上がるのは、化粧水のもつ美容成分が、水分を効率よくお肌に浸透させる効果を持っているからです。だからただの水では化粧水の代わりはなかなかできないのです。

化粧水をつけると化粧乗りを良くする効果アリ!

乾燥したお肌や潤いが足りない状態のお肌では化粧がうまく乗らず、ファンデーションを弾いて粉っぽさが残ったり、浮いたりする原因になります。

化粧水で水分補給をし、お肌のコンディションを整えたうえでお化粧することで、乗りを良くし、崩れを防いでくれます。

2
出典:http://weheartit.com/

引き締め効果も

化粧水をつけると、肌表面の温度が下がります。つけた後、スッキリ感さっぱり感があるのはこのためですね。この効果により、毛穴を閉じ、お肌をきゅっと引き締める効果があるのです。

毛穴を引き締めることで、過剰な皮脂の分泌を抑制し、化粧崩れを防ぎ、テカりやべたつき、毛穴のつまりといったトラブルの予防にも繋がります。より効果を得たい場合は、引き締め効果に優れた化粧水、収れん化粧水やといった商品名で売られているタイプのものを選ぶと良いでしょう。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

皮脂と乾燥は表裏一体?!オイリー肌にこそ化粧水が必要な理由

化粧水は乾燥肌の人向け?

洗顔後、そのまま放置しておくと、肌の表面にある「角質層」から水分が蒸発を始めます。水分が蒸発した結果、肌が乾燥し、いわゆる「乾燥肌状態」に陥ります。

乾燥肌の場合、肌が目に見えてかさかさするので保湿効果のある化粧水を使うのはイメージしやすいですよね。ではそれ以外のお肌の方は、化粧水ケアは必要ないのでしょうか。

いいえ、一見関係のなさそうな肌トラブルも、実はこの乾燥が原因となっている場合があるのです。

皮脂過剰の原因は乾燥にあり

そもそも、皮脂は、乾燥から肌を守るために身体が分泌するものです。

もちろん他にも、洗顔のし過ぎやメイクのすすぎ残しなども分泌の原因にもなりますが、乾燥も大きな原因の一つです。べたつきが気になるから化粧水ケアをしない、では悪循環になってしまっている場合もあり、オイリー肌でべたつきを気にしている方にこそ、化粧水による保湿ケアが重要といえます。

皮脂過剰、放っておくと黒ずみ毛穴に

過剰に分泌された皮脂は酸化し、毛穴に詰まり、黒ずみやニキビといった炎症の原因になります。よく小鼻の回りがぽつぽつと黒ずんで悩んでいるという方や、その部分がよくニキビになるという方も、保湿ケアがきちんとされていない場合が多くみられます。

化粧水のべったり感が気になる場合は、オイリー肌用の化粧水も売られているので使い心地の良いものを探してみましょう。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

化粧水のもつ効果を、もっともっと高める5つのポイント

化粧水によるケア、もう一度見直す必要がありそうですよね。

そしてケアも、正しい方法で行ってこそ、初めて効果が表れます。これからご紹介する5つのポイントをチェックして、正しく、そして効率よく化粧水でケアを行いましょう。

ポイント① 勝負は洗顔直後!化粧水をつけるタイミング

3
出典:http://weheartit.com/

化粧水の効果を一番に発揮するタイミングは洗顔直後。このタイミングでお肌をケアできる化粧品は化粧水だけで、最も重要な役割といえます。水でびしょびしょに濡れた顔をタオルで拭き、乾いてしまう前に化粧水をつけます。

洗顔直後のお肌は、油分や保湿成分も一緒に洗い流されてしまい不安定な状態です。毛穴も開いた状態なのでこのまま放置しておくと、毛穴がつまりニキビの原因になるばかりでなく、皮脂が過剰に分泌される原因にもなります。洗顔後は必ず化粧水で保湿、毛穴を引き締めましょう。

ポイント② 化粧水は正しい使い方で使うこと!

では基本的な化粧品のつけ方を確認していきましょう。
①化粧水を手のひらに適量出す
②Tゾーンにポンポンと乗せ、顔全体に塗り広める
③手のひらで優しく顔を包み込むようにして肌をハンドプレスする。

コットンを使う方法もありますが、基本的には手のひらでのケアでOK。コットンを使ったほうが効果的な場合もありますが、余計に肌に刺激を与え、肌荒れの原因になることもあり、手のほうが無難であることのほうが多くなっています。手で浸透させるだけでも充分に効果がありますので、日常のケアは手で行う方法でよいでしょう。

また、パチパチと叩くように行う「パッティング」もまた、お肌に刺激になる場合もあります。叩いたら、よく染み込みそうな気もしますが、叩いたからと言って浸透が良くなるわけではありません。優しくハンドプレス、手でそっと押し当てるのが正解。

ポイント③ 化粧水、沢山つければいいは間違い!正しい量をつけるコト

よくいわれているのが「化粧品は贅沢に使う」「ザブザブとたくさん使うほど肌が潤う」という使い方ですが、これは間違い。化粧水を大量に使えば効果が上がるという訳ではないのです。

逆に化粧水をつけすぎると、肌に必要な水分も一緒に蒸発し、乾燥を加速させてしまいます。また、保湿のし過ぎも、皮脂の分泌を促し、べたつきや化粧崩れの原因にもなります。パッケージに書かれている目安量を守り、少しずつつけることが大切です。

効果が物足りない場合は、一気にではなく、こまめに小分けで追加して使うようにしましょう。過度に使っても結局は流れてしまうだけ。肌に負担をかけないためにも、適量使うことが大切です。

ポイント④ 化粧水だけのケアはNG!アフターケアもぬかりなく!

ありがちなNGケアが、乾燥が気になるからと言って化粧水だけ塗って満足してしまっているケース。もしくは、べたつきが気になるからといって化粧水だけでケアをしているという方も要注意です。

4
出典:http://デルファーマ.net/

スキンケアの基本は、洗顔→化粧水→乳液→美容液のステップを踏むことです。それぞれ役割が変わってきますので、化粧水の効果を高めるためにも、そのあとの乳液と美容液によるケアも大切なのです。

乳液と美容液の効果は主に、皮脂のバランスを整え、美容成分を浸透させ、閉じ込める効果です。化粧水の美容成分をより浸透させるためにも、アフターで乳液や美容液でパックする、閉じ込める作業が必要なのです。

オイリー肌の方や、夏場べたつきが気になるからと言ってこのステップを飛ばしてしまう方もいますが、むしろそれは逆効果になっている場合もあるのです。

ポイント⑤ 自分に合った化粧水を選びましょう。

そして最も大切なことですが、自分に合ったものを選ぶことが大切です。これは化粧水に限ったことではなくお化粧をするうえで共通して言えることですね。

いくら雑誌で良いからと聞いても、もしかしたらあなたのお肌には合わないかもしれません。色々試して自分に合うと思うケアが一番美肌の近道といえます。

新しい化粧品を買う際はパッチテストをお忘れなく。敏感肌の方は特に注意してから購入するようにしましょうね。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

化粧より、化粧水ケアに時間をかけて

いかがでしたでしょうか。今まで何気なく行っていた化粧水ケアですが、一歩間違えると肌トラブルの原因になっている可能性もあるのです。この5つのポイントを参考に、日々のスキンケアをもう一度見直してみましょう。

毎朝のお化粧に時間をかけ、何重にもファンデーションを塗り固めているというあなたは、その時間を化粧水による基本的なケアに回してみましょう。基本のお肌のコンディションを整えることで、毎朝のお化粧がもっと楽に短く済むようになりますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. manicure より:

    Unquestionably consider that that you stated. Your favorite reason appeared to be at the web the
    simplest thing to keep in mind of. I say to you, I definitely get
    irked while other people think about concerns that they plainly do not realize
    about. You managed to hit the nail upon the top as
    well as defined out the whole thing with no need side effect , other folks could take a signal.

    Will probably be back to get more. Thanks