エッセンシャルオイルの正しい使い方

エッセンシャルオイル(精油)は、数十から数百種類に及ぶ成分から成り立っています。また、精油によって含まれる成分の種類は異なります。そのため、心身に及ぼす影響もさまざまなものとなります。そこで大切になってくるのが、精油の内容成分表です。どの成分がどの割合で含まれているかが具体的にわかるようになっています。精油を正しく使うために精油の選び方使い方をご紹介します。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

精油の選び方

現在では、多くのメーカーや輸入代理店などがいろいろな種類の精油を取り扱っています。しかし、何を基準に選んだら良いかわからなくなります。そこで大切になってくるのが、精油は、高い品質と安全性のあるものを選ぶということです。精油の成分は、さまざまな使い方で身体に取り込むため、安全なものである必要があります。100%ピュア&ナチュナルな精油で混合物などが入ってないものを選びましょう。また、合成香料やアルコールを加えたものは選ばないように注意しましょう。

精油を選ぶ時のポイント

022
出典:アロマオイルの見分け方

・遮光性のあるガラスのビンに入っている。

・原料、原産国、抽出部分、正式名称が明記されている。

・蒸留方法が明記されている。

・原料の収穫日、製造日などがわかる。

・成分分析表がついている。

・ドロッパーがビンについている。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

精油を正しく使うために

精油を安全に使うために知っておきたいポイントをご紹介します。

皮膚に使う場合は必ず薄める

精油は有効成分が濃縮されたものなので、肌に使用する場合は、原液では使えません。キャリアオイルなどで希釈してしようしましょう。子供や高齢者に使用する場合は、さらに薄めてしようしましょう。

内服や飲用はしない

精油は濃度が濃いため、一般の人が使用する場合は、内服は禁止となっています。
皮膚からの吸収に比べると10倍の濃度で血液に達します。

皮膚に使う場合はパッチテストをする

023
出典:http://www.kao.com/

精油の種類や、その時の体調によっては、接触アレルギーを起こす場合があります。特に敏感肌やアレルギーのある方は注意してください。ハッチテストは前腕の内側に精油を塗布し30分後に状態を確認する方法です。かゆみ、赤み、ふくらみなどが無ければ問題はありません。

保存には注意する

精油が変質しないように、直射日光や寒暖差の激しい場所は避けて保管しましょう。また火の近くや幼児の手の届かないところで保管しましょう。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

こだわりをもって

精油を使ったアロマセラピーは、手軽におこうことができ、日々のストレスや疲労の回復にとても役立つ療法のひとつです。インターネットの普及により、国内から海外までの多くの精油を購入することができます。ファッションや食事などと同じように、使うものはこだわって選んでいくと良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする