無添加化粧品ってなに?無添加化粧品の効能と違い

1
無添加化粧品と聞くと、「安全」のイメージがありませんか?そもそも無添加化粧品ってどんなものなのでしょうか。無添加の本当の意味と無添加化粧品の効能について詳しくご紹介していきます。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

無添加化粧品ってなに?

無添加とは

「無添加」とは、字の通り「添加物が入っていない」ということですが、「無添加化粧品」の表示って具体的になにがはいっていないのかがとてもわかりにくいです。「香料無添加」、「着色料無添加」とは書かれていないので、とても曖昧な表現でもあります。

化粧品の無添加とは、石油から合成された成分、香料、防腐剤、合成界面活性剤のアレルギーを起こす危険性が認められた102種類の成分を含まない化粧品のことを指します。

しかし、2001年に薬事法の改定により、全ての配合されている成分を容器や外箱に表示することを義務付けられるようになりました。その結果、この102種類の添加物は旧指定成分とされ、現在は、安全性が不確かな新しい成分も出てきているのであまり、意味をなしていないようです。このことから、無添加化粧品が絶対安全とは言いきれないのが現状です。

無添加の基準

全成分の表示が義務付けられてから、化粧品のパッケージには成分名がぎっしり表示されるようになりましたが、「ラウル硫酸TEA」「ラウレス硫酸Na」など見ただけでわからないものばかりで、なにが添加物なのかがわからないように表示されています。

現在、「無添加」と表記する基準、規定はないそうです。つまり、旧表示指定成分が配合されていないから、「無添加」と表記しているだけで、実際は「無添加」と記されていても、合成添加物が入っている可能性もあるということです。

成分表記を見て、これは有害物質だと見極めることが出来る人は少ないのが現状ではないでしょうか。無添加化粧品を選ぶ際は、自分にとって含まれていてほしくない成分か判断しなければいけません。

無添加化粧品と表示する目的

無添加化粧品や自然派化粧品など肌に優しいをPRするものが多く出てきたのには、石油系成分が問題と指摘されているからで、肌に優しい天然由来で代用する製法の化粧品を押しているものも多く存在するようになりました。

しかし、実際は天然や無添加化粧品にもしっかり石油由来の成分が入っていたりするようです。厚生労働省所管の薬事法で、無添加、自然派の定義の基準を設けていないのが現状ですので、これらの「無添加」などは、化粧品メーカーが作り出したイメージ付けの言葉と言えます。

化粧品メーカーの基準は、アレルギーなど皮膚障害を起こす可能性のある旧表示指定成分以外のものが入っているので、無添加化粧品と表示しているだけです。本当に肌に良いものかどうかの判断は消費者に任されています。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

安全な化粧品の選び方

防腐剤の無添加とは

2

防腐剤に「パラペン」という成分があります。このパラペンは、以前に体への毒性を指摘されており、各メーカーが「パラペン不使用」「ノンパラペン」などの表示をしているところもあるようです。しかし、パラペンを使わなければ、防腐剤に違う成分を持ってくるだけで、「フェノキシエタノール」がこのパラペンの代用のように使われています。

パラペンの防腐力より弱い防腐力のフェノキシエタノールを代用するので、その分含有量が増えフェノキシエタノールの方が危険と言う声が上がっているようです。

確かに、パラペンは旧表示成分のひとつで、肌荒れ、吹き出物を誘発する可能性やホルモンバランスを崩したり、アレルギーを引き起したりする可能性があるのですが、化粧品への配合は全体の1%までと制限があり、少量で殺菌効果があることから、微量しか使用しなくて良いのがパラペンの特徴でもあります。

しかし、パラペン不使用と書かれている化粧品であっても、そこに含まれる原料の材料自体にパラペンが使用されている可能性もあります。化粧品自体にはパラペンなど化学成分を使用していない場合は、「パラペン不使用」と表示しても表示義務がないので、良いそうです。

完全にパラペンが使われていない化粧品かどうかはわからないようです。これが、「無添加」の落とし穴です。また、完全に防腐剤が使われていない化粧品は、消費期間が短いので、開封後はすぐに使い切らなければなりません。

鉱物油の無添加とは

3
鉱物油とは、石油から作られており、クレンジグオイル、クリーム、乳液などとろりとしたものに多く使われています。化粧品表示名は、「ミネラルオイル」「パラフィン」「セシレン」などと表示されています。

1970年代までは精製技術があまり良くなかったので、不純物が混ざり、使用後にシミになるなどのトラブルが多かったそうです。近年は精製技術の安全性が上がった反面、発がん性リスクがあるとの声もあるようです。

そこで、出てきたのが、「鉱物油無添加」というものです。鉱物油を使わず、代わりに植物油を使うものや、オイルフリーの化粧品のことです。ただ、植物油は酸化しやすく、品質を長期にわたって安定させることが出来ません。

酸化したオイルを肌に塗ることで、シミや色素沈着というトラブルを起こす可能性が出てきます。そこで、鉱物油無添加で植物油配合であるけれども、防腐剤は添加しているという化粧品も存在するようですので、この点を理解した上で化粧品を選ぶことも大切です。

合成界面活性剤無添加とは

4
出典:cosme.co.jp
「合成」「人工」の言葉に不安を感じる人も多いと思います。合成界面活性剤とはどういうものなのかというと、水と油の仲立ちをして混ぜる作用する乳化作用、皮脂汚れ、タンパク質汚れを分解して落とすために使われている物質のことです。

自然由来の石鹸は、水に溶けにくかったり、泡立ちが良くなかったりするので、より安定して使いやすくするために合成界面活性剤が作られたそうです。

合成界面活性剤は、石油由来のものが多いので、化粧品に配合されていることに抵抗がある人も多いです。合成界面活性剤は、有機分解されません。

つまり、肌や髪につく合成界面活性剤は、人間の身体に自然に存在している菌や微生物に分解されないので、肌のタンパク質を壊してしまう可能性があり、汗をかいたり不要な角質を押し出したりする自浄作用を止めてしまう原因になるようです。

合成界面活性剤無添加とは、石油由来の合成物を使わないということです。

合成ポリマー無添加とは

5
出典:brisbanechamberchoir.org
合成ポリマーと聞いてイメージするものに生理用品や紙おむつがあります。水分を吸収する本体になっています。繊維に加工されて化繊になっていて、肌の上でサラッとした質感を出してくれるものです。

この合成ポリマーを使用したクレンジング剤を使い続けることで、毛穴が塞がって肌の自浄作用やターンオーバーを阻害してしまうという声があがり、合成ポリマー無添加化粧品を求める人が増えているようですが、実際は、ポリマーは高分子なので100%肌に浸透するようなことはないそうです。

肌に良い成分とされるヒアルロン酸も多糖類の合成ポリマーの仲間だそうです。ただ、合成ポリマーは紫外線に弱い物質なので、日にあたって性質が変化し肌トラブルに繋がるケースもあるようです。

ポリマー自体は自然界にも多く存在しているので、合成ポリマーの安全性が高くなっているのも事実ですが、人工合成無添加、自然由来を求める人も多くいます。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

無添加化粧品の効能

無添加化粧品とは、無添加と謳うケースもメーカーによって、多種多様で一部分だけが無添加であるなど、明確でない部分があります。

肌のターンオーバーには約6週間かかると言われているので、6週間後に正常なターンオーバーが出来ていれば効果があるなど判断基準にする方がよさそうです。

人工合成添加物が入った化粧品は効果がでるのが早い分、無理やり潤い成分を肌の奥へ浸透させ、後にトラブルが起こると言ったケースもあるようです。

本来の肌が持っている自浄作用やターンオーバーを妨げることなく、美肌になることが本当のスキンケアになります。無添加という言葉だけに安心するのではなく、しっかりと見極めることが良い化粧品選びに繋がるようです。ぜひ、参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. pron best より:

    nYnMLD Way cool! Some very valid points! I appreciate you penning this post and the rest of the website is very good.

  2. Vinita Marcelin より:

    Actually helpfull post

  3. Bernard より:

    Greetings! Pretty instructive tips inside this distinctive posting! It’s the very little improvements that will create the most important variations. Quite a few due for sharing!

  4. tinyurl.com より:

    I visited multiple blogs however the audio feature for audio songs present at this website is actually marvelous.

  5. It is in point of fact a nice and helpful piece of info.
    I’m happy that you just shared this helpful info with us.
    Please stay us informed like this. Thanks for sharing.

  6. tinyurl.com より:

    My brother suggested I might like this web site. He was
    once entirely right. This publish actually made my
    day. You cann’t consider just how so much time
    I had spent for this info! Thank you!

  7. It’s an awesome post designed for all the online visitors; they will take advantage from it I am sure.

  8. Hi there, all is going sound here and ofcourse every one is sharing data, that’s in fact excellent, keep up
    writing.

  9. Piece of writing writing is also a fun, if you be familiar with afterward
    you can write if not it is complicated to write.

  10. Stacy より:

    I went there ultimate evening with 5 close friends and it was best… primarily sundays they consist of 12 off bottles of wine! Can’t battle that!