豆乳が美肌に良いとされる理由と効果的な摂取方法

大豆

豆乳が女性ホルモンを補ってくれる成分が含まれていると聞かれたことがあるかもしれません。しかし、豆乳の持つ力はそれだけではありません。

豆乳は、美肌にも良いとされています。それが本当なら、女性が欲しいものを与えてくれる素晴らしい飲み物ですよね。では、豆乳が美肌に良いとされる理由は何でしょうか?さらに、豆乳が持つ力を十分に発揮するために効果的な摂取方法をいくつかご紹介していきます。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

豆乳が美肌に良いとされる理由

豆乳は様々なメリットがある飲み物です。では、どんなメリットがあるのか、美肌に良いのはなぜかを見ていきましょう。

豆乳はどんなことに効果があるの?

豆乳は、女性ホルモンと似た働きをするので、生理不順の改善や更年期障害の予防に効果があるとされています。また、オリゴ糖が含まれているので便秘改善効果、大豆ペプチドによる脂肪燃焼効果、カルシウムやマグネシウムによる骨粗鬆予防効果などが挙げられます。

そして、豆乳にはビタミン類やタンパク質が豊富に含まれているので、美肌効果があるとされています。

豆乳に含まれている美肌にするビタミンとは?その効果とは?

豆乳に含まれているビタミンは、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンEなどがあります。特に美肌に効果的なのは、ビタミンEとされています。

ビタミンEは、肌や体の老化をもたらす酸化を抑える働きをします。酸化とは、要するに、さびるということです。肌に関して言えば、新しい細胞に生まれ変わるのを阻んでしまうのです。その結果、シミやくすみ、そばかすを減らすことができるでしょう。

さらに、ビタミンE には、血行を良くする効果もあります。血行が良くなると、皮膚の新陳代謝が高まり、表皮下のメラニン色素のターンバックを促すので、シミやそばかすの予防を期待できます。

豆乳に含まれるたんぱく質が美肌に良いのはなぜ?

豆乳

たんぱく質が不足すると肌はボロボロになってしまいます。肌を美しくする成分として「コラーゲン」について聞かれたことがあるかもしれません。このコラーゲンは、たんぱく質の一種で、たんぱく質の30%を占めます。

ですから、たんぱく質を摂り入れないとコラーゲンを摂り入れることができないので、肌の調子が悪くなるというわけです。タンパク質を豊富に含む豆乳は、美肌に良いと言える理由の1つです。

大豆イソフラボンはニキビを防ぐ

大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをします。その結果、ホルモンバランスを整え、生理不順の改善や更年期などに効果があるとされています。

女性ホルモンのバランスが整うと、お肌にも良い影響が出ます。特に、生理前になるとニキビができたり、肌荒れしたりするという方は、豆乳により、大豆イソフラボンの働きにより、ニキビや肌荒れを防ぐことができ、美肌につながるかもしれません。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

美肌に効果的な摂取方法とは?

豆乳が美肌に効果的であることは分かりましたが、では、やたらめったら豆乳をがぶがぶと飲めばよいのでしょうか?そうではありません。効果的な摂取方法があります。

いつ飲むと良いの?

豆乳の効果をしっかりと出すためには、朝がオススメとされています。朝は、豆乳を飲むと腸の動きが活発になり、便秘解消にもつながり肌荒れを防ぐことにつながります。

また、朝飲むと栄養やエネルギーを吸収しやすいので効果的とも言われています。他にも、食事の30分前や空腹時に飲むと血糖値の上昇を緩め、脂肪の吸収を抑えるとも考えられています。

また、寝る前に飲むと、豆乳に含まれているトリプトファンという成分が精神を安定させて質の良い睡眠を摂る事ができるでしょう。しっかり睡眠が取れると、成長ホルモンが分泌されるので肌や筋肉の修復や再生、疲労回復するので、美肌に非常に効果的と言えます。

なので、豆乳の1日の摂取量を分割して摂り入れるという方法もオススメです。

豆乳は1日にどれぐらい飲んで良いの?

豆乳バナナ

内閣府食品安全委員会によると、大豆イソフラボンは、1日に70~75mgの摂取が理想とされています。無調整豆乳なら、200ml中に大豆イソフラボンは68mgが含まれています。

調整豆乳なら、200ml中に大豆イソフラボンは50mg含まれています。また、豆乳だけではなく、納豆や豆腐や味噌、厚揚げなどの大豆製品からも大豆イソフラボンは摂取していますから、摂取量には注意しましょう。

ちなみに、納豆1パック(50g)には35mg、豆腐1丁(300g)には、60mg、味噌大さじ1(18g)には9mg、油揚げ2分の1枚(75g)には52mgの大豆イソフラボンが含まれていますので、参考にしてみてください。

豆乳を摂取し過ぎてはいけないのはなぜ?

いくら身体や肌に良いからと言って、豆乳などを摂り過ぎると身体には良くない影響が及びます。例えば、生理不順、生理周期が長くなる、乳がんや子宮がんのリスクを高める、子宮内膜症を発症する可能性を高める危険があります。

ですから、一日の安全な摂取量を守り、美肌を目指すようにオススメします。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

どの豆乳を選んだら良いの?

美肌に効果がある豆乳を飲んでみようと思われた方、お店に行ってみると、豆乳の種類を見てどれを選んだら良いのか迷われることがあるかもしれません。

無調整豆乳、調整豆乳、豆乳飲料という3つの種類が販売されています。それぞれの特徴をご紹介します。

無調整豆乳

無調整豆乳は、大豆固形分8%以上、大豆タンパク質3.8%以上、原料は大豆と水のみで基本的には作られています。つまり、大豆をしぼって出てきたそのままのものです。

濃度は高いのですが、大豆のにおいや味のクセがあるので、始めて飲む方は慣れるまで飲みにくく感じるかもしれません。

調整豆乳

調整豆乳は、大豆固形分6%以上、大豆タンパク質3.0以上、砂糖や塩、乳化剤や香料を入れて作られています。多少、大豆のにおいなどは残りますが、飲みやすいでしょう。

豆乳飲料

豆乳飲料は、調整豆乳に飲みやすいように紅茶やコーヒー、ココア、黒ごま、抹茶、バナナなどの風味が加えられたものです。

どの豆乳が効果が高いの?

イソフラボンなどの成分は、無調整豆乳が多く含まれ、カロリーも低いのでオススメです。しかし、豆乳で美肌を目指すなら、1日飲んだだけでは意味がありません。

ですから、毎日飲み続けられるものを選んだ方が良いでしょう。始めのうちは、どの味なら続けられそうかを飲み比べしてみるのはいかがでしょうか?

無調整豆乳を美味しく飲むには?

美肌
出典:https://kaumo.jp/

どうせ飲むなら栄養や成分がしっかり取れる無調整豆乳を飲みたいという方にオススメの飲み方をご紹介します。

1つは、無調整豆乳と黒ごまとバナナをミックスしたジュースです。無調整豆乳200mlとバナナ1本、黒ごま大さじ1をミキサーにかけるだけの簡単ジュースです。これは冷たい豆乳を使ってください。

もう1つは、無調整豆乳とココアを混ぜるだけです。ココアには、肌の新陳代謝を高める亜鉛が含まれていますから、美肌により効果的です。温かい豆乳にココアパウダーを混ぜるだけですから、簡単ですね。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

美肌に効く豆乳−毎日適量を!

豆乳に含まれるビタミンやタンパク質など様々な成分が美肌を作るのに効果的に働きます。女性としてうれしい成分が多く含まれていますから、取り入れていきたい飲み物です。

しかし、摂り過ぎると、かえって身体によくないこともあります。適度な量を、美肌効果が出やすい時間帯に摂り入れるようにしましょう。

いろんな味のものを試したり、自分で飲みやすく工夫してみたりするのも良いかもしれません。

豆乳を飲んで、美しい肌、健康な身体づくりをしてみませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする