マスクが肌荒れの原因になる理由と正しいマスクの選び方、使い方

1

マスクをしていると肌荒れになってしまうと感じたことはありませんか?でも、花粉や風邪対策には、マスクは欠かせないアイテムですよね。

マスクにもいろんな形やデザイン、機能性も多種多様にあります。オシャレ感覚でなおかつ肌荒れを防いで使えたら一石二鳥です。そこで、マスクをして肌荒れをしてしまう理由と肌荒れを防ぐための正しいマスクの選び方についてご紹介していきます。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

マスクが肌荒れの原因になる理由

摩擦によるダメージ

2

出展: data.whicdn.com

マスクは、いろんな形状のものがあります。口を塞ぎ菌の繁殖を防ぐために作られているので、必ず肌に触れるように出来ているのですが、肌に当たった部分が摩擦を起こし肌荒れにつながる場合があります。

ゴム紐の部分も同様にこすれることで肌荒れを招くということも起こりがちです。特に、マスクのサイズが顔に合っていない場合、輪郭部分が頬や口周りに当たりやすくなり摩擦が強くなります。

また、吹き出物やニキビがある箇所にマスクが触れることで肌荒れをますますひどくしてしまうことも考えられます。

マスクの繊維による肌へのダメージ

3

出展: thumbnail.image.rakuten.co.jp

マスクにも多種多様にありその素材によって肌荒れを引き起こす場合があります。マスクには大きく分けてガーゼタイプと不織布タイプがあり、それぞれ素材が違ってきます。その特徴をご説明します。

①ガーゼタイプ

綿織物を重ね合わせて作られています。小学校の給食当番で使われるマスクです。最近では花粉などの侵入を防ぐために中にフィルターが入っているものもあります。

②不織布タイプ

複数の繊維を絡み合わせ、機械的、化学的な方法で厚みや空隙を自由に調節し、接着して作られています。とても安価でお徳用マスクなど使い捨てマスクとしても知られています。

肌荒れを起こしやすいマスクがこの不織布タイプのマスクになります。繊維が複数絡み合って出来ているので、肌荒れを起こしやすいと考えられます。

しかし、繊維が絡み合うことでフィルターとしての役目が大きくなり風邪予防などの効果も大きいようです。

マスクの蒸れによる肌へのダメージ

4

出展:image.news.livedoor.com

マスクは、喉の乾燥を防ぐことが出来るのですが、同時に自分の息が充満し、蒸れる場合もあります。

この状態が続くと菌が繁殖しやすい環境を作ってしまうので、肌荒れを引き起こす原因に繋がってしまいます。特にニキビや吹き出物がある場合は悪化してしまうこともあるので注意が必要です。

蒸れが気になる時は、人気のない場所でマスクを外し、換気をすることや口周りの化粧を少し控えめにすることで改善されることもあります。

抗菌剤による肌へのダメージ

5

出展: www.skincare-univ.com

マスクの中に殺菌作用や細菌の繁殖を防ぐために抗菌剤が含まれているものもあります。この抗菌剤が人によってはアレルギー反応を起こし、肌荒れの原因になります。また、ニキビや吹き出物が出来ている場合は悪化させてしまうことも考えられます。

マスクを着用し肌に違和感が出る場合は、すぐにマスクを外すようにし使用を控えることが肌荒れを防ぐことになります。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

マスクの正しい選び方

マスクの繊維や素材を確認する

6

出展: www.hakujuji.co.jp

不織布タイプのマスクは、使い捨てなので洗う手間もなくとても便利です。しかし、不織布マスクによって肌荒れを引き起こす場合も考えられるので、顔に当たる部分は綿にするなど素材重視で考えてみることも良い方法です。

例えばパッケージ表示に1層目:ポリエステル70%・レーヨン30%、2層目:ポリプロピレン100%、3層目綿100%と記載されているものを選ぶようにすることです。

綿100%が見つからない場合は、ガーゼをマスクと同じサイズに切り、マスクに挟み込むようにすると肌荒れを防ぐことに繋がります。

この時、清潔なはさみを使うようにし、マスク内でズレが生じてしまわないようにガーゼをマスクより小さく切ったりしないことがポイントです。

不織布タイプのマスクがどうしても合わない場合は、少し単価が上がりますが、ガーゼタイプのマスクを使い、こまめに洗濯をして使うようにすることもおすすめです。

マスクサイズを確認する

7

出展: img.sirabee.com

不織布タイプのマスクを箱で買い置きし、家族で使うということが多くなりがちですが、女性、男性、子供と顔のサイズも違ってきますので自分の顔のサイズに合わせたマスクを選ぶことが肌荒れを防ぐポイントになります。

サイズが合っていないマスクをしていると肌荒れはもとより、マスクと顔の間に隙間が出来てしまい花粉やウイルスの侵入を防ぐことが出来なくなります。そこで、正しいマスクの図り方をご紹介します。

①親指と人差し指でL字の形を作ります。

②L字型にした状態のまま耳の付け根の一番高いところに親指の先端を当て、人差し指の先端を鼻の付け根から1cm下のところに当てます。

③この状態の親指から人差し指の長さがマスクサイズの目安になります。

耳掛けで耳が痛くならないかを確認する

8

出展: nagomi-shop.net

マスクを長時間使用していると、耳の広範囲に痛みが出てくる場合があります。これはマスクのゴムの痛みによるものです。

耳をガードするためにヒモなしマスクにすることやオーバーヘッドタイプのマスクを選ぶことが良い方法です。また、マスクのゴムがあたらないようにガーゼを当てておくことや肌に優しい絆創膏を貼ることも肌を守ることに繋がります。

マスクを着用時の不快感がないかを確認する

9

出展: data.whicdn.com

マスクを使用した時、息苦しかったりゴワゴワしたりしないものを着用することがポイントです。不快感があるままマスクを着用していると肌荒れを招くことに繋がりますので、注意が必要です。

マスクが正しく装着されていない場合も同様のことが起こりますので、ここからマスクの正しい使い方について進めていきます。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

マスクの正しい使い方

マスクの正しい付け方

10

出展: www.binchoutan.com

マスクが正しく使用されていない場合、摩擦が生じやすくなります。そこで、肌荒れを防ぐために正しいマスクの付け方についてご紹介します。

①マスクの上下、裏表を確認した後、ゴム紐を外側にし、マスクのプリーツ部分を上下にしっかり伸ばし広げるようにします。

この時、プリーツ部分が下向きでゴムの接着面が外側になる方向が正しいマスクの合わせ方になります。

②ノーズピースを鼻の形に合わせあごの下へ伸ばすようにします。

③マスクを顔にしっかりつけたまま耳ヒモを耳にかけるようにします。オーバーヘッドの場合頭にかけるようにします。

④口だけを覆い鼻が出ている状態にしないことやゴム紐がゆるいなどは、接着面に隙間が出来てしまうので合わせて確認するようにします。

マスク取り替える時期

11

出展: ikinoclinic.net

マスクを長時間使用していると雑菌が繁殖してしまい、肌荒れを招くことになります。マスクを取り替える時期は、マスクから匂いを感じたり、湿ってきたりしたら取り替えるようにし、一度使ったマスクはカバンなどに入れてまた、使うといったことがないようにします。

ガーゼタイプのマスクは一度使った後は、洗濯をします。この時、手洗いにし漂白剤を使わないことがポイントです。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

マスクが肌荒れの原因になる理由と正しいマスクの選び方、使い方まとめ

12

マスクと顔周りはどうしても接着面がでてくるので、肌荒れを防ぐためには、スキンケアも大切です。マスクの選び方や使い方に加えて、口周りだけナチュラルメイクにしたり、保湿をしっかりしたりすることで肌荒れを防ぐことが出来ます。

マスクを取り外す際もフィルター部分に触れないようにゴムの部分を持って取り外します。マスクを取り外した後もしっかり手洗いをすることで菌が顔に触れることを避けられます。

ぜひ、参考にしてみて下さい。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>
', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする