美肌になるための基本と化粧品の選び方

1

美肌になるためには、肌のバリア機能を正常に働かせていくことです。バリア機能とは、肌の皮脂膜と角質層がバリアとなって肌の内部を守る働きをすることです。バリア機能が正常に働いていると、キメが整い,潤いに満ちた美肌になります。美肌に必要な、身体作りと化粧品の選び方を詳しくご紹介していきます。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

美肌作りの基本は食べ物から

細胞に合わせることが美肌への道

2

肌を作る基本は食べ物です。美肌化粧品だけでは、補えきれないものです。皮膚はとても正直に出来ています。スナック菓子のような油っぽいものばかり食べると、皮膚は油っぽく乾燥してしまい、甘いものばかり食べると、むくみや、シミの原因なります。

では、体に良いものをどのように食べていくと美肌になるかと言うと、日本人の身体に合わせた食べ物を選んでいくことが基本です。海外で人気の海外輸入食品が日本人には合わない場合もあります。西洋人の腸には牛乳を分解する酵素が備わっているのに対し、日本人は西洋人ほどこの力を持っていない人が多いそうです。

つまり、牛乳やヨーグルトを飲むとお腹を壊してしまう人がいるのは、このような要素があるからです。

また、ヨーロッパの山に住んでいる人々はカルシウムを摂取するために、牛乳、ヨーグルトを食べる必要があったようです。しかし、日本人は魚、穀物、野菜を食べればカルシウムが摂れるように身体が出来ています。日本人の腸は、穀物、野菜に喜ぶように細胞が作られているそうです。つまり、人間の身体は、その土地に適応するように作られ進化していくということです。

日本人は少量の食べ物で効率よく身体が動くように出来ているので、大量に食べると消化出来ず、身体の中が老廃物だらけになり、肥満、肌荒れの原因になるようです。近年、日本食が西洋食に変化しつつありますが、まだまだ、西洋食に細胞が追いつけないのが現状です。日本人に合った正しい食生活を摂り入れていくことが美肌に繋がります。

コラーゲンの元アミノ酸を効率よく摂取する

アミノ酸はコラーゲンの元を作る成分で、皮膚や髪の毛の原料とも言われています。身体を作っている20種類のアミノ酸のうち美肌になるために、特にどのアミノ酸を摂取すると良いかご紹介します。

① アスパラギン‥表皮角質層内の細胞分裂に関わるアミノ酸で、角質層の新陳代謝の促進をし、水分を保持してくれます。これにより、乾燥を防ぎ、肌に潤いが保てます。
アスパラギンを多く含む食材は、アスパラガス、大豆もやし、サトウキビ、肉類です。

② セリン‥天然保湿因子であるNMFに最も多く含まれているのがセリンです。セリンは、肌の潤いを維持する作用の他に、メラニンの形成を抑制する働きがあるので、美白効果を得られる成分です。セリンを多く含む食材は、牛乳、大豆、高野豆腐、鰹節などです。

③ プロリン‥体内に吸収されたタンパク質、アミノ酸からコラーゲンを合成する時に必要なアミノ酸で、ダメージを受けたコラーゲンを修復する働きもしてくれます。プロリンを多く含む食材は、豚肉、小麦、大豆などです。身体から美肌ケアをするために、これらの食材を日頃から加えることが大切です。次に、体の外側から美肌作りをする方法へ移っていきます。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

薬用、無添加、医薬部外品、防腐剤を正しく知る

無添加と防腐剤入りどっちが安心なのか

3

無添加と聞くと安心のイメージがあり、防腐剤と聞くと悪いもののようなイメージを持ち気味ですが、実は、防腐剤として、最も有名なのが、パラペンです。しかし、パラペンは歯磨き粉や薬にも入っていて、1000人に約2人がパッチテストに反応すると言われているようです。このことからも、一概にパラペンが怖いものということはなさそうです。

次に無添加化粧品は、無添加と表示するために、使用されているのが防腐・殺菌剤のフェノキシエタノールだそうです。パラペンよりは刺激が少ないと言われているようですが、その分防腐作用が弱いので、多量に使用されているようです。

防腐剤フリーや、無添加と書かれた商品やオーガニック化粧品も劣化を防ぐ成分が入っていないので、一ヶ月以内に使い切らなければいけないなどのデメリットが出てきます。

また、このような商品の中には、パラペンやフェノキシエタノールがいけないものという扱いをしているだけの場合もあるようです。そういった化粧品の成分には、使用実績が浅い臨床データもあまりない防腐剤を使用している場合もあるので、注意が必要です。

薬用化粧品とはどんなもの

化粧品には、「医薬部外品」「薬用」と表示されているものや、何も書かれていないものもあります。まず、「医薬品」は、文字通り「薬」です。効果や効能があることが認められているもので、医師の処方が必要になります。「医薬部外品」は、効果や効能は認められているのですが、あくまで予防の範囲で収まるものなので、医師の処方がいりません。

では、「薬用化粧品」がどんなものかというと医薬品や医薬部外品に含まれている有効成分が入っているものです。代表的な有効成分に肌のシミを予防をして美肌を保つトラネキサム酸、ヒアルロン酸があります。薬用化粧品は、医薬品ほどの強い効果は得られないようですが、症状の緩和、予防の点では優れた美容化粧品と言えるようです。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

美肌を手に入れるための化粧品選び

クレンジングの選び方

4

出典:hadalove.jp

クレンジング剤に含まれる油分、界面活性剤が適量で肌をこすることなく、十分にメイクを落とす力があり、肌に優しいものは、クリームタイプのクレンジング剤です。また、乳化された白っぽいジェルタイプもおすすめです。

シートやコットンタイプは、手軽さがあるのですが、ウォータータイプには油分がほとんど含まれてなく、界面活性剤の力でメイクを落とす仕組みになっているので、肌への負担が出てきてしまいます。さらに、シートやコットンで、肌をこするので、さらに肌を傷つけてしまいます。

肌に優しいイメージのミルクタイプのクレンジングも水分が油分よりも多いので、メイクの油分と混ざりにくく汚れを落とせない場合があります。

洗顔料の選び方

洗顔料の理想は、潤いは残して、老廃物だけを落とすことです。洗顔後につっぱらないでしっとりしていることを、ウリにしている洗顔料もありますが、洗顔料に含まれている油分を落としきれていないので、肌が潤っているように感じるだけの場合もあります。肌表面に油膜が張った状態なので、その後の美容液を入れても肌に浸透しません。

また、美白成分配合の洗顔も、すすぎ段階で流れ落ちてしまうので、あまり効果は得られないようです。洗顔後の保湿ケア美容液の浸透を高めるためにも、洗顔は汚れを落とすことだけに注視するほうが良いと言えます。おすすめは、固形石鹸で、肌をこすり傷つけてしまわないようにすることが大切です。

正しい洗顔を使うことで、肌の新陳代謝を高めてくれるので、肌自身の本来の力を取り戻すことに繋がっていきます。

化粧水の選び方

美肌になるために、化粧水の役割は最も大きいものです。選び方のポイントは、化粧水の有効成分にビタミンC誘導体と保湿成分が含まれているものを選ぶことです。

ビタミンC誘導体‥抗酸化作用があり、ビタミンCを肌に浸透しやすいものです。美白効果や酸化をさせることなく肌の奥深くへ浸透させてくれる働きがあります。

表示成分‥リン酸パルミチン酸アスコルビル 3Na(APPS、またはアプレシエ)、リン酸アスコルビル酸Na(APS)など

保湿成分‥肌表面にあるミルフィーユのような何層にも重なっている角質層の隙間に水分を抱え込む性質がある細胞間脂質があります。細胞間脂質にはいろんな種類がありますが、最も重要な役割を果すのがセラミドです。セラミドの他にも水分を抱え込み潤いを保つ効果のある成分が配合されているものを選ぶことが重要です。

表示成分‥天然保湿因子(NMF)、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド、エラスチンなど

美容液の選び方

美容液の種類も保湿、美白、アンチエイジングなど製品によって効果が違いますが、常備するのに重要視したい成分が保湿作用のあるセラミド、ヒアルロン酸が配合されているものです。肌に優しいものは、サラッとした使用感のジェルタイプで、硬めのジェルは、肌への刺激が強い増粘剤が多く含まれているので、避けたほうが良さそうです。

また、美容液を選ぶポイントは、油分を多く含まないノンオイルかオイルフリーのものを選ぶことです。油分が多いと紫外線にあたり、過酸化脂質化してしまいます。これにより、シミ、くすみニキビと言った肌トラブルへ繋がってしまいます。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

美肌を手に入れるために必要な化粧品

紫外線対策をしっかりすることが、美肌になるために大切なことです。ホワイトニング効果や美白効果のある成分として、コウジ酸、ビタミンC、アルブチン、プラセンタエキスなどのUV化粧下地を選ぶようにすることをおすすめします。

評判の良い化粧品は必ずしも自分の肌に合うとは限らないので、自分の肌状態を知って、肌にあった化粧品を選ぶことが大切です。ぜひ、参考にしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Gabrielle より:

    Temukan Materi Asuhan Keperawatan Paling Lengkap dan Praktis Mendapatkan Ebook dengan harga murah dan dapat Menghasilkan UANG Melimpah Di Internet | wed.bterahasiacariiuitscom

  2. Some truly interesting info , well written and generally user friendly .

  3. Erin より:

    Hey I extremely appreciated studying your net . The content material were being fairly useful. Thank on your own as a result a lot!