ニキビケアの知識と効果的なニキビのケア方法

1

ニキビができてしまってもそのうち治ると放置していませんか?ニキビは放っておくと痕が残ってしまいます。そうならないためにもニキビの原因を知って自分にあったニキビの治し方、効果的な予防方法、スキンケア方法を知ることが大切です。ニキビ痕に後悔しない情報満載です。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

ニキビが出来るメカニズム知る

ニキビが出来る原因

ニキビが出来る原因は、おもに大きく分けて5つあります。まずは、原因を知ることがポイントです。

ストレス‥心理的なストレスは、人間関係のトラブル、不安、などの要因のことを言い、物理的ストレスは、過労、急激な気温の変化からくる身体的な負担を感じるストレスの事を言います。このストレスがニキビの要因を作ります。

男性ホルモン‥男性に多く分泌される男性ホルモンですが、女性の中にも男性ホルモンは存在します。この男性ホルモンが女性ホルモンより優位にでてしまう時がニキビをつくる時と言われています。

では、男性ホルモンが優位に出る時とはいつかというと、不規則な生活、ストレスによるホルモンバランスの乱れがある時です。

このような状態が続くと自律神経より交感神経の分泌が多くなり身体全体の緊張、興奮状態が続くからと言われています。この状態が男性ホルモンを優位にしている状態です。

4

乾燥‥夏でも冬でも乾燥状態になります。季節を問わず肌のバリア機能が衰えてしまうと、乾燥肌になります。肌表面は脂っぽいのに角質の内部だけが乾燥してしまうインナードライの状態がニキビの要因に繋がります。

5

細菌‥よく聞く細菌の名前にアクネ菌というものがあります。正式名称は、プロピオバクテリウム・アクネスという名前の細菌です。

ニキビの細菌はアクネ菌だけが原因ではなくもうひとつマラセチア菌というものもあります。身体に出来るニキビは、このマラセチア菌という菌によってもニキビを引き起こされてしまいます。

6

睡眠不足‥睡眠により脳下垂から分泌される成長ホルモン作用で新陳代謝が活性化されます。

しかし、22時から3時の睡眠が上手く取れていない、熟睡出来ていない、昼夜逆転の生活が続くなどの要因があるとうまくターンオーバーが出来なくなるので、ニキビが出来る要因になってしまいます。

ニキビが出来る場所でわかるケア方法

顔には20万個毛穴が存在します。その毛穴の特徴によって出来るニキビがあります。大きく毛穴の種類は3つあります。

産毛を生やしている毛穴の軟毛性毛包、髪の毛、脇毛といった毛を生やしている終毛性毛包、複数の脂腺があり活発に皮脂分泌を行う脂腺毛包です。この毛穴から出来るニキビとケア方法をご紹介します。

7

出典:www.apros.co.jp

軟毛性毛包(産毛)‥脂腺が発達していない場所なので、軟毛性毛包からニキビが出来る確率は低いようです。軟毛性毛包がのちに脂腺性毛包や終毛性毛包に代わる可能性はありますが、この段階ではニキビになる可能性が低いので気にしなくて良いレベルです。

脂腺性毛包(皮脂分泌)‥この三種類の毛穴の中で最もニキビの発生の原因と言われている場所です。毛穴が角栓によってフタをされこの中に脂が溜まっていくと白ニキビと言われる状態になります。

ここに角化物質、脂肪酸、アクネ菌が溜まり押し上げられていくと黒くなっている状態で黒ニキビになってしまいます。

医薬品の治療法としては、過酸化ベンゾイル(バクテリアの代謝を阻害する薬品)、クリンダマイシン(原因菌を殺菌する抗生物質)、ステロイド、非ステロイドの抗炎症薬を用いますがニキビそのものの発生を止める効果があるわけではありません。

根本的な解決法としては、ホルモンバランスの乱れを治すことでホルモン治療も良い方法と言えます。

終毛性毛包(髪の毛、脇毛)‥終毛性毛包の毛穴に皮脂が溜まってニキビが出来るという可能性はほとんどありません。基本的に顔に終毛性毛包はないようです。この毛穴にニキビが発生しにくい理由は、毛の成長とともに皮脂が外に排出されるためです。

万一ニキビが出来たとしても自然治癒で治るようです。髪の毛などニキビができにくい場所ではありますが、炎症を起こしていたり、皮膚炎をおこしていたりするなど原因が他にある場合は注意が必要です。

また、背中や脇などニキビが出来ている場所にカミソリでムダ毛処理をするなどは、肌の角質層を傷つけてしまい肌の保護機能を失ってしまいニキビを悪化させる要因になるので注意が必要です。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

ニキビケアやっていいこといけないこと

ニキビの芯をとる

8

一度出来てしまったニキビの芯をとった方が早く治るのか?答えは、NOです。深く毛穴に埋まっている芯を取り除くのはとても難しいです。

簡単にとれる芯なら取ったほうが赤ニキビへと発展しにくいので良いということもあるようですが、あまり無理に取らないほうが良さそうです。例えば、市販の鼻に貼ってとるテープやピンセットを使って取るということは避けるべきです。

ニキビ痕が残ってしまったり色素沈着のおそれがあったりニキビ菌を増殖してしまったりする可能性があるからです。

炭水化物・甘いもの食べ過ぎ注意

9

甘いものや炭水化物の摂り過ぎはニキビを作ってしまう要因になるようです。パスタにフランスパン、おにぎりに菓子パンの組み合わせで炭水化物ばかりになる食事を摂ってしまうことは避けたほうが良さそうです。

炭水化物の代謝にビタミンB1が必要ですが、摂り過ぎてしまうと、ビタミンB1が足りなくなってしまいます。このことで、炭水化物や糖質がエネルギーにはならず、皮脂分泌が多くなり毛穴に皮脂が詰まっていきニキビへと繋がってしまいます。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

効果的なニキビケア方法

ニキビケアに欠かせない栄養素を摂る

10

身体の内側と外側からニキビケアに有効的なものをご紹介していきます。
まずは、ニキビケアに有効的な栄養素を積極的に摂ることです。

ビタミンB群‥ビタミンB群には肌を綺麗にするだけではなく、皮膚の代謝を上げてくれるので積極的に摂るとニキビケアに効果を発揮します。ビタミンB群には、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシンがあります。

‥大人ニキビの原因は、水分がなくなった角質が古く硬くなり毛穴がどんどん細くなって弱ってしまうことです。細い毛穴に少しでも皮脂が詰まると乾燥ニキビと言われるものになってしまうようです。

乾燥を防ぐのに必要ない栄養素が「鉄」です。肌のコラーゲンを作るのに欠かせない栄養素ですが、女性の場合、1回の生理で、30㎎の鉄が失われてしまうそうです。生理以外でも身体に必要な代謝には、毎月30㎎の鉄が必要と言われています。

女性の場合、特に鉄が不足しがちになるということです。ニキビの原因に鉄不足はかなり高い確率でありそうですので、鉄を積極的に摂ることでニキビケアの効果が高まります。

ビタミンA‥ビタミンAが不足していると、肌の新陳代謝が上手く出来なくなります。肌に必要なあぶら分がなくなるということは、肌がカサつき、角質が厚くなり、毛穴を塞いでしまう結果になります。ニキビケアにはビタミンAも積極的に摂る必要があります。

ニキビケアに欠かせない成分を知る

11

身体の外側からケアするのに有効的な成分をご紹介していきます。

ビタミンC誘導体‥ビタミンC正式名称L―アスコルビン酸は、キレイな肌を維持するためのメラニン色素の抑制、活性酸素除去に効果的です。ニキビケアに有効なビタミンC誘導体の種類を説明します。

親油性ビタミンC誘導体は、ビタミンCを乳化させたものでクリーム、乳液に配合されています。肌の奥まで浸透しやすいので、ターンオーバーの促進に繋がっていきます。肌への刺即効性という点では劣る部分もありますが、肌への刺激が少ないので安心して使えるのが特徴です。

両性ビタミンC誘導体は、浸透力が水溶性の約100倍と言われています。即効性が高くコラーゲン合成の促進効果もあり刺激が少ないのが特徴です。

ビタミンE誘導体‥ニキビの予防に役立つ成分としてビタミンE誘導体があります。ビタミンE誘導体には、高い抗酸化作用があり肌の酸化を防いでくれます。

アンチエイジング成分としても注目を集めていて、化粧品表示名は、トコフェロールと書かれていることが多いです。ぜひ、これらのことを参考にしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Zachary Brickle より:

    Merely wanna input on few general things, The website design is perfect, the subject matter is rattling fantastic : D.

  2. Lyle より:

    By yourself should in direction of be a component of a contest for a single of the greatest high-quality internet sites upon the web. I’m heading toward suggest this site!