目の下のクマの原因は?茶、青、黒の3つを知ればで解決できます

目の下にクマができていると

老けて見えるし 不健康な感じがして

幸薄い女子に見えます。

化粧品会社のアンケートでも

堂々の1位を獲得するほど 目の下のくまは

女性にとって深刻なのです。

原因をつきとめて

女子力をアップしちゃいましょう。

目の下のクマって、

茶グマ、青グマ、黒グマ

の3種類に分類されます。

実はクマが出来る原因は、

それぞれ違うので 自分のクマに合わせた

対策が必要になります。

いろいろとクマ対策をしているのに

効果がなかったという人は、自分のクマにあった

対策をしていなかったのかもしれません。

このブログでは

3種類のクマの原因と対策をまとめています。

自分のクマにあった対策を見つけてくださいね。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

茶グマ、青グマ、黒グマの原因と対策と隠すメイク法

目の下のクマは

茶グマ、青グマ、黒グマ

の3種類にほぼ分類されます。

ざっくり説明すると

茶グマは、色素沈着などが原因

茶色っぽく見えます。

青グマは、血行不良などが原因

うっすら青っぽく見えます。

黒グマは、たるみ、皮膚のへこみなどが 原因

影のように見えます。

見分け方としては以下を参考にしてみてください。

・あっかんべーした時にクマが薄くなる⇒青グマ

・鏡を持って上を向いた時クマが薄くなる⇒黒グマ

・上記のどちらをしてもクマが消えない⇒茶グマ

では、3つのクマの原因と対策

そしてすぐに無かったことにしてくれる

メイク方法を紹介します。

茶グマ

原因

茶グマは色素沈着のクマとも言われています。

その名のとおり、色素沈着が原因なので

紫外線によるダメージが大きいです。

しかし、紫外線だけが原因ではありません。

・目をこする癖

・落としきれないマスカラやアイライナ-

・洗顔のやりすぎ

・乾燥による肌のダメージ

などの積み重ねも、茶グマが出来る原因になります。

対策

美白化粧品で丁寧にお手入れすること。

目元に負担をかけない事が 一番大切です。

美白化粧品のなかでもおすすめなのは

ビタミンC誘導体

安全性も高くお肌に優しいです。

隠すメイク法

黄色のコンシーラーを使います。

スティックタイプやペンシルタイプは

刺激が強いので避けましょう。

おすすめのコンシーラーは

筆やクリームタイプです。

コンシーラーの使い方は

目の下のクマの部分より少し広めに

やさしく馴染ませて、薄く塗るのが ポイントですよ。

naku480

青グマ

原因

目のまわりの毛細血管の血液が滞り

毛細血管が透けて、青っぽく見えるのが

青グマです。

生まれつきの要素も強いので

小学生の頃から悩んでいる方もいます。

血液が滞る原因は

・冷え症や肩こり

・不規則な生活

・ホルモンバランスの乱れ、

・睡眠不足や疲労

・ストレス

などがあります。

もともと色白で皮膚が薄い人がなりやすいと

言われていますが、ほぼ生活習慣によって

引き起こされる可能性が高いです。

対策

対策 不規則な生活習慣を見直す。

ストレスをためない。

体全体を冷やさないことがポイントです。

血行を促進する為にマッサージも

効果的なのですが、やりすぎると

茶グマになってしまう可能性もあります。

ならば、血行促進効果のある

ビタミンK入りのアイクリーム

使ったほうが安全です。

生まれつきの要素を持っている方も

上記の対策でかなり改善されるはず。

隠すメイク法

オレンジ色のコンシーラーを使います。

できれば、刺激の少ない 筆やクリームタイプの

コンシーラーが おすすめです。

青グマ⇒刺激⇒茶グマ

という流れになるのでご注意を!

これは裏技なのですが、

メイク前に ホットタオルを目元にのせて 血行促進。

目のくすみを取るにはホットタオルがおすすめ!

ここからメイクすれば、完璧です。

コンシーラーのつけ方は、

茶グマと同じように、目の下のクマより 少し広めに

薄く塗るのがポイントですよ。

黒グマ

原因

目のクマのお悩みの中で

最も多いのが黒グマ。

加齢とともにできるクマで

メイクで隠すことが難しいです。

加齢により

・目の下の皮膚が薄くなる

・コラーゲンの減少により皮膚がたるむ

・目尻に小じわができる

ことが黒グマの大きな原因になります。

黒グマといっても、目の下が黒くなるわけではなく

たるみにより影ができて、黒っぽく見えてしまうのです。

対策

アンチエイジング化粧品を使用する。

レチノールやコラーゲン入りの

化粧品がおすすめです。

果物のカシスも、黒グマには強い味方です。

カシスポリフェノールは、末梢の血流を

改善する効果が確認されています。

しかも即効性があります。

カシスジュースを飲んで15分後には顔面の血流が向上

したというデータもあるんですよ。

カシスは黒グマだけでなく、

どのタイプのクマにも おすすめできる果物です。

隠すメイク法

黒グマの場合は、残念ながら

隠すメイク方法はありません。

コンシーラーを使用すると、

クマを余計に目立たせてしまうからです。

そこで、秘策を紹介します。

それは目元以外のパーツを目立たせ

クマを目立たなくすること。

クマを目立たなくさせるアイテムは

・明るめのリップ

・シルバーのハイライト

明るめのリップをつけて

口元に目がいくようにする。

また、眉の下やTゾーンなどに

シルバーのハイライトをつけて 光の反射を利用する。

これで、なんとか黒グマを なかったことにできます。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

まとめ

目の下のくまを撃退するためには

自分のクマのタイプを知ることが大事です。

自分のクマにあった、クマ対策をすれば

女子力アップすること間違いなし!

もしそれでも解決しない場合は、

病気が潜んでいる場合が ありますよ。

鉄欠乏性貧血、バセドウ病(甲状腺機能亢進症)

肝臓疾患・腎臓疾患、アトピー性皮膚炎

などのの可能性も。

もし気になることがあれば、すぐに病院にいってくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. This is very interesting, You are a very skilled blogger. I’ve joined
    your rss feed and look forward to seeking more of your great post.
    Also, I have shared your web site in my social networks!