肌荒れに漢方薬は本当に効果があるのでしょうか?

肌は「内臓の鏡」と言われています。

生活習慣の乱れにより、内臓に負担がかかると
肌にブツブツが出たり、乾燥してガサガサに。

これって、内臓からの危険信号なんですよ。

肌荒れの時は、外から化粧品などによるケアと
内面からのケアが必要になります。

内面からのケアは、食事やサプリで補うこと

もできますが、最近では漢方薬で体質改善を

する方も増えています。

漢方薬って、本当に肌荒れに効果があるの?
と疑問に思ったので詳しく調べてみました。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

肌荒れに効果があると言われている漢方

まずは、肌荒れに効果があるといわれている

漢方薬の効果効能をまとめてみました。

ヨクイニン

ニキビ、肌荒れ、シミ、虫刺され痕
気になる方におすすめの漢方です。

新陳代謝を良くして、老廃物を排泄する働があり
美肌を作る漢方として、化粧品によく入っています。

当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)

にきびやそばかす、しみなどの肌荒れ
おすすめの漢方です。

血行をよくして体をあたためたり、痛みをやわらげ
ホルモンバランスを整える効果があります。

黄耆建中湯(オウギケンチュウトウ)

湿疹やアトピー性皮膚炎、にきび、発疹、ただれ
気になる方におすすめの漢方です。

からだを温め、胃腸の調子を整えてくれます。

荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)

にきび肌荒れや湿疹が気になる方に
おすすめの漢方です。

体の熱や腫れをひき、血液循環をよくします。
蓄膿症や慢性鼻炎、扁桃炎、になりやすい体質を
改善する効果があります。

消風散(ショウフウサン)

湿疹、肌荒れ、アトピー性皮膚炎、じんましん
あせもが気になる方におすすめの漢方です。

皮膚の赤みやかゆみを発散し、分泌物を抑えてれるので
かゆみが強く、じゅくじゅくした湿疹に効果的です。

桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)

にきびやシミなどの肌荒れ、しもやけ
気になる方におすすめの漢方です。

血行をよくする漢方薬で
頭痛、肩こり、めまい、足の冷えなどに効果があります。

温清飲(ウンセイイン)

乾燥肌で赤み、かゆみのあるニキビ、吹き出物
かゆみなどの肌荒れが気になる方におすすめです。

血液循環をよくするほか、出血をおさえ
のぼせや手足のほてりをとる効果があり
ホルモンのバランスも整えてくれます。

温経湯(ウンケイトウ)

肌荒れ、唇や肌の乾燥が気になる方に
おすすめの漢方です。

血液循環をよくして、体全体をあたためる
皮膚を潤したり、ホルモンのバランスを
整える効果があります。

IMG_4489

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

病院で処方される薬と漢方薬ってどのように違うの?

そもそも漢方薬は私たちが受診するお医者さんの
薬とどのように違うのか、まとめてみました。

分かりやすいように、漢方薬を東洋医学
お医者さんでもらう薬を西洋医学というくくりで
比較してみました。

東洋医学

東洋医学では、病気の部位ではなく
からだ全体を診て原因を追究し、からだ全体の
バランスを整えて、回復させます。

東洋医学では、漢方薬をはじめとして
副作用のない天然の生薬が処方されます。

西洋医学

西洋医学では、病気の部位や臓器を診て
悪い部分をピンポイントで治療します。

病気の原因の細菌やウイルスなどを殺して
体を回復させるために、抗生物質のような
副作用をともなう薬が処方されます。

東洋医学の漢方は、穏やかな効き目があるけれど
治癒に時間がかかります。

しかし体全体のバランスがよくなり
強い体を作ることができます。

一方、西洋医学のお医者さんでもらう薬は
副作用はあるけれども即効性があります。

肌荒れの場合、インフルエンザのように一刻を
争う病気ではないので、時間はかかりますが
穏やかな作用のある漢方薬がいいのではないかと
私は思います。

ELL85_majyonokusuri1317500

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

まとめ

漢方ではキレイな肌のことを

「うつはなだけ」といっています。

う=「潤い」
つ=「ツヤ」
は=「華やかさ」
な=「滑らかさ」
だ=「弾力」
け=「血色」 

「うつはなだけ」があれば美肌といえますよね。

最近では漢方診療をやっている病院もあります。

私も一度、肌荒れがひどく受診したことがります。

肌のトラブルをなんとかして欲しかったのですが、
腸の中をキレイにしたりと体全体のバランスを考えた処方

になっていて、気長に治療するようアドバイスを受けました。

個人差があるので、早く効果が現れる人もいるようですが
ある程度は時間がかかると思ったほうがいいです。

私は3か月目くらいから、めきめき効果が現れて
肌荒れは軽減しました。

少し時間はかかりましたが、最近では肌荒れすることも
なくなったので、漢方は気長に付き合えば効果あります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする