春の肌荒れ!肌がかゆい人がしている5つのタブーとは?

以前、冬場の肌荒れ、かゆみ対策の記事を

書いたのですが、肌荒れしてかゆくなるのは

冬場だけではありません。

カサカサ肌でかゆみがある時に効果的な3つの方法

春も肌がかゆくなることありませんか?

私も春になると肌がかゆくてかゆくて

困ってしまいます。

春は花粉症でかゆくなることもあります。

しかし、かゆくなるのは花粉症の

せいだけではありません。

肌荒れして、肌がかゆくなる人が 必ずやっている

5つのタブーな行動が あるのご存知でしたか?

このブログでは、5つのタブーな行動と

対策をまとめています。

春の肌荒れやかゆみで悩んでいる方は

是非、チェックしてみてくださいね。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

肌がかゆい人がやっている5つのタブー

肌がかゆくなる人がやってしまう タブーな行動は・・・

・ストレスをため込んでいる

・洗顔をしっかりやりすぎる

・洗顔後すぐにお手入れしない

・日焼け止めは夏しか使わない

・甘いものを過剰に摂取

思い当たることはありませんか?

それぞれ詳しく解説しながら

対策もご紹介します。

ストレスをため込んでいる

現代社会は、ストレス抜きには 語れません。

とくに春は、環境の変化が多いので

ストレスを抱えなすくなります。

進学や新社会人になったり

家族の仕事の都合で引っ越したり。

ストレスを感じると脳からの指令で

コルチゾールという、ホルモンが出ます。

コルチゾールは、体の免疫力を下げた

肌の皮脂分泌を過剰にしたり

体内のビタミンCを消耗して 肌に影響を及ぼします。

また、ストレスにより自律神経の働きが乱れるので

新陳代謝が落ちるとともに、腸内環境も悪化します。

よく腸の構造と肌の構造は似ていて

連動していると言われています。

腸の環境が悪くなれば、肌も荒れるということです。

ストレスのホルモンが出たり 自律神経が乱れると

アレルギーや 花粉症の原因にもなります。

ストレスを解消するには

ストレスを解消するためには 十分な睡眠をとったり

軽い運動をしたり リラックスすることが大切です。

しかしあまりリラックスしすぎてしまうと

副交感神経が過剰になります。

そうなると、自律神経はバランスを取ろうとして

ストレスの神経、交感神経を活発にさせるので

ストレスをため込むことになります。

リラックスしすぎるのもストレスの原因のなるので

そこそこにリラックスしましょう。

自律神経を正常にするためにも

腸内環境を整えましょう。

腸内環境を整えるためには

発酵食品酵素を 積極的に取り入れることが

ポイントですよ。

発酵食品

納豆、ヨーグルト、味噌

酵素

グリーンスムージー、大根おろし、生野菜

洗顔をしっかりやりすぎる

花粉や埃を落とすためにも

洗顔は重要です。

しかし、しっかりやりすぎると保湿成分を奪ったり

角質を刺激して バリア機能が低下して肌あれの

原因になります。

春の肌荒れ!ニキビ対策には洗顔と保湿が大切です

肌荒れしない洗顔方法

刺激の強い界面活性剤が入っていない洗顔料で

泡でなでるように優しく 洗いぬるま湯ですすぎましょう。

洗顔料は、ノンケミカルやオーガニック など

肌にやさしいものを選びましょう。

洗顔後すぐにお手入れしない

洗顔後、すぐに化粧水をつけていますか?

洗顔後のお肌って放っておくと

洗顔前よりも水分が蒸発して 乾燥します。

肌が乾燥するとバリア機能が低下して

肌荒れを起こす原因になりますよ。

洗顔後はすぐに保湿する

洗顔後は化粧水、クリームと

すぐに保湿しましょう。

保湿成分のセラミドが入った

化粧水がおすすめです。

セラミドは肌のバリア機能を

強化する成分だからです。

化粧水の後は、ホホバオイルや、マカデミアナッツオイル

クリームを つけてお肌に保護膜をつくります。

この保護膜はバリア機能のような働きをして

外部刺激から肌を守り、肌内部の保水効果を

高めてくれます。

しかし、あまりにも状態がひどい場合は

ワセリンやシアバターなど天然成分で

肌にやさしいものを使ってくださいね。

日焼け止めは夏しか使わない

春はまだ日差しが弱いからと

日焼け止めを使っていないのなら 要注意ですよ。

紫外線は3月、4月から徐々に強くなり

6月7月にピークを迎えます。

5月から9月頃にかけての紫外線量が

特に多くなるんですよ。

春の肌が荒れている時期に、紫外線の影響を 受けると

肌荒れやかゆみの原因になります。

春からの紫外線対策

SPF20程度の日焼け止めクリームや

下地をつけて、軽くお粉やパウダーをつけます。

あまり日焼け止め指数の高いものは

肌荒れの原因にもなるので気をつけましょう。

甘いものを過剰に摂取

甘いものはストレス解消になるので

食べるという方が多いのでは?

ご褒美に甘いもの!

とかいって、甘いものを過剰に 摂取していませんか?

甘いものを食べ過ぎると 副交感神経が優位に立ちます。

a0002_010804

しかし、自律神経はバランスを取ろうとして

ストレスの神経、交感神経を活発にさせるので

ストレスをため込むことになります。

甘いものでストレス解消が 食べ過ぎると、

悪循環になってしまうことに。

くれぐれも甘いものは食べ過ぎないようにしましょう。

甘いものを食べすぎないようにするには

まずはバランスのとれた食生活を

心掛けましょう。

バランスがとれた食生活をしていれば

過食になる事はありません。

できれば、肌荒れによい

バリア機能アップ食材を食べましょう。

抗酸化作用の高い赤い野菜

トマトやパプリカ。

腸内環境を整えるブロッコリー。

肌を作るタンパク質が豊富な サーモン。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

まとめ

肌がかゆい人がしている5つのタブー

いかがでしたか?

・ストレスをため込んでいる

・洗顔をしっかりやりすぎる

・洗顔後すぐにお手入れしない

・日焼け止めは夏しか使わない

・甘いものを過剰に摂取

思い当たることはありますか?

いますぐこの5つのタブーを辞めて

肌荒れと、肌のかゆみから解放されましょう。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>
', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. manicure より:

    Good post however , I was wanting to know if you could write a litte more on this
    subject? I’d be very thankful if you could elaborate
    a little bit more. Thanks!