ホルモンバランスが崩れるとどうなるのか?

最近ホルモンバランスが崩れている

女性が増えているそうです。

ホルモンって、100種類以上

ある のですが女性にとって

一番影響 あるのが女性ホルモン。

更年期になると女性ホルモンが

崩れるようなイメージがありますが

年齢は関係ないんですよ。

肌荒れ、肌の老化、体重が増える

なんてことも女性ホルモンが

影響 している場合があります。

しかし、女性ホルモンの中には

悪いものだけでなく、美肌のホルモン

あるんですよ。

女性ホルモンの仕組みを利用することで

ダイエットを効果的に進めたり

美肌をつくることができます。

そんな女性ホルモンについて

ホルモンバランスが崩れるとどうなるのか?

女性ホルモンのメカニズム

女性ホルモンを整える方法

を知って、利用して美肌とスリムな体を

手に入れましょう。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

ホルモンバランスが崩れるとどうなるの?

先ほど、ちらっと書いたのですが

実際にホルモンバランスが崩れると

以下のような事が起こります。

体重が増える

冷え性になる

ニキビ、吹き出物がなかなか治らない

顔のしわやたるみ、シミが目立つ

髪がパサつき、白髪が増える

口臭や歯周トラブル

体毛が濃くなる イライラする

不安になったり、情緒不安定になる

物忘れが激しくなる

寝汗をかく

女性にとっては、困ってしまう ことばかり。

女性ホルモンは、女性の体に

深く関わっていることがわかります。

ホルモンバランスが乱れる原因は?

では、ホルモンのバランスが崩れる

原因はどうなのでしょうか?

女性ホルモンの仕組みによるところも

大きいのですが、日常生活のちょっと した事も

かなり影響しています。

タバコを吸う

無理なダイエット

ファーストフードやインスタント食品の常食

窮屈な下着で身体を締め付ける

オシャレのために生足や薄着で我慢

1つや2つくらい

心当たりのあることありませんか?

こんな些細な事でも

ホルモンバランスが崩れてしまうのです。

女性ホルモンのメカニズム

では、女性ホルモンのメカニズム

について 説明していきます。

女性ホルモンには卵巣で作られる

卵胞ホルモン(エストロゲン)

黄体ホルモン(プロゲステロン)

の2つがあります。

エストロゲンは「美肌ホルモン」

プロゲステロンは「おブスホルモン」

とも呼ばれています。

この2つのホルモンは

月経周期や妊娠を コントロールしています。

月経周期というのは 以下のようになっています。

<生理期>

<卵胞期>(低温期)

生理が終わると、エストロゲン

分泌量が増えます。

卵巣では、卵子が育ち、

排卵期に向けて準備をしています。

 ↓

<排卵期>

 ↓

<黄体期>(高温期)

排卵期が終わると、

プロゲステロンの 分泌量が増えます。

この時期は、子宮が妊娠の準備をします。

では、それぞれのホルモンの

働きについて詳しく説明していきます。

美肌ホルモンのエストロゲン

エストロゲンは、

妊娠を準備する ホルモンなので

異性を呼び寄せるために

女性を魅力的に見せてくれる働きがあります。

肌にハリがあり、髪に艶がでるのは

卵胞期(月経後~排卵前)の特徴です。

生理周期の中で、女性が一番キレイに

見える時期なんですよ。

また赤ちゃんが子宮内で十分成長 できるように、

内臓脂肪を減らしてくれる 時期なので、

ダイエットにも効果的です。

このような働きがあることから

美肌ホルモンと呼ばれています。

nip480

おブスのホルモンのプロゲステロン

プロゲステロンは、

女性の身体を 妊娠状態に保つ作用があります。

受精卵と母胎を守るため身体に

水分や脂肪を蓄えようとするので

むくんだり、太りやすくなります。

また紫外線から細胞を守るために

メラニンが増えるのでシミが できやすくなります。

このようなことから、

おブスのホルモンと呼ばれいています。

女性の身体は 実際に妊娠していなくても

妊娠しているような状態に なって変化しています。

ホルモンバランスを整えるための6つの方法

それでは、女性ホルモンのメカニズムを

踏まえてホルモンバランスを整える

効果的な6つの方法を紹介します。

食生活に気をつける

体を冷やさない

適度な運動

ドキドキすること

良質な睡眠

ハーブでリラックス

食生活に気をつける

女性ホルモンと同じような効果があったり

代謝を助けたり、バランスを整える

食品を意識して摂りましょう。

・豆腐や納豆などの大豆製品

・マグロ、カツオ

・アーモンドなどのナッツ類

・アボカド ・ココナッツオイル

・バター

・卵黄

いわゆる美容にもよいといわれている

食材ばかりですね。

体を冷やさない

お風呂の湯船につかって、

身体を 温めましょう。

生足にもご注意を!

締めつけのキツイ下着などは

血行を阻害してしまうので

冷えの原因になるので気をつけましょう。

適度な運動

特別激しい運動ではなく

ストレッチやウォーキングなど

軽い運動を取り入れましょう。

気功やヨガなどもおすすめです。

呼吸を深くする意識をするだけでも

元気が出てきますよ。

ドキドキすること

映画やドラマを見たり

小説を読んだりして恋する気持ちで

ドキドキしましょう。

このドキドキ感がホルモンを刺激します。

あの美魔女の君島十和子さんは、

宝塚を見てドキドキしているそうです。

良質な睡眠

成長ホルモンや多くのホルモンは

睡眠中に作られるんですよ。

早寝早起きをする習慣を身につけましょう。

ハーブでリラックス

ハーブティーやハーブのアロマオイル を使用して、

心を落ち着かせましょう。

不安、落ち込み、イライラを抑えるハーブ

クラリセージ、イランイラン、ゼラニウム

無気力な気持ちを引きたてるハーブ

ローズマリー、ペパーミント、ローズ、フェンネル

まとめ

ホルモンバランスを整える方法は

簡単に出来るものばかりです。

ダイエットをするにも、

女性ホルモンの 仕組みに従えば、

成功率が高まります。

肌荒れが治りにくかったり、

冷え性でお悩みの方は、

ホルモンバランスが 崩れている

のかもしれませんよ。

ホルモンバランスを整える6つの方法を

是非試してみてくださいね。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>
', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>