アロマオイル・エッセンシャルオイルとも呼ばれる精油の基礎知識

現在精油は、雑貨店などでも手軽に購入できるようになりました。香りを楽しむアイテムとしてお使いの方も多いでしょう。精油を使うときに、植物が何のために精油を作り出すのか、そしてどんなふうに精油が採り出されるのか、考えたことはありますか。

精油についてのちょっとした知識を身につけておくと、もっと精油を楽しめるようになります。そして、知れば知るほどその一滴一滴を愛おしく思えるかもしれません。ここでは、そんな精油についての基礎知識をご紹介します。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

植物にとっての精油の役割

植物は何のために精油を作り出しているのでしょう。これまでの研究では次のようなことが分かっています。

・虫を引き寄せて受粉したり、鳥に種子を運んでもらう

・虫や鳥を遠ざけて食べられるのを防ぐ

・植物同士、または他の生物と連絡を取り合う

・カビや細菌、ウイルスから体を守る

・他の植物の発芽や、動物の成長を妨げる

植物は生まれ育った場所から自由に移動することができないので、香りを様々な用途で使っています。精油は、植物が厳しい自然の中で生き抜いていくために、とても大切な役割を担うものなのです。

1
', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

精油が採れる部位

植物の香りの成分は花の部分に多く存在すると思われるかもしれませんが、精油が抽出される部位は植物によって異なります。代表的なものを挙げてみましょう。

果皮・・・スイートオレンジ、グレープフルーツ、レモン、ベルガモット

花・・・イランイラン、カモミール、ジャスミン、ネロリ、ヤロウ、ローズ

葉・・・ティーツリー、パチュリー、ユーカリ、レモングラス

花と葉・・・クラリセージ、ゼラニウム、ペパーミント、マジョラム、ラベンダー

葉と実・・・サイプレス

実や種・・・ジュニパー、ブラックペッパー、カルダモン

木・・・サンダルウッド、シダーウッド、ローズウッド

樹脂・・・フランキンセンス、ベンゾイン、ミルラ

複数の部位から精油を抽出できる植物もあります。例えば、学名Citrus aurantiumの花からはネロリ、果皮からはビターオレンジ、小枝や若葉からはプチグレンの精油が採れます。このように、同じ学名の植物でも材料となる部位が異なれば違う精油として扱います。それぞれ成分も香りも違う精油になりますので、精油のラベルに記してある植物の学名と、抽出部位を確認するようにしましょう。

2
', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

精油を採る方法

精油を採り出す方法も様々です。化学の進歩により、これからも新しい方法が開発されるでしょう。良く知られているものをいくつかご紹介します。

水蒸気蒸留法

現在最も使われている方法です。植物を釜に入れて下から加熱します。すると熱と圧力で植物の細胞壁が壊されて、芳香成分が蒸気の中に放たれます。この蒸気を集めて冷却するとその蒸気は液体となります。液体を溜めておくと精油は水の層の上部に浮かんできます。加熱時間や蒸気の圧力、時間などは植物によって異なりますので、状態の良い精油を蒸留するには経験も必要だと言われています。

細かく分けると、水蒸気蒸留法にも種類があります。最も一般的なものはウォーター・スチームディスティレーションといい、原料となる植物の下から水を沸騰させるものです。また、釜の中に植物と水を一緒に入れて加熱し、釜の中の水分が蒸発して無くなると蒸留終了となるウォーターディスティレーション、蒸留した水を再び釜に入れて連続的に蒸留するコーホベーション、ジンジャーなどの根菜類を蒸留する際に独特の芋臭さが残るのを防ぐために使われるスチームディスティレーションがあります。

冷浸法(アンフルラージュ法)

ジャスミンやローズなどの花から精油を抽出する方法です。ガラス板に牛脂、豚脂を厚く塗り、そこに時間をかけて花の香りを吸収させます。この脂をエタノールと混ぜて、エタノールに香りを移します。エタノールを蒸発させると、芳香成分を得ることができます。この方法で採られた精油は、アブソリュートと呼ばれ、水蒸気蒸留法で採られたものと区別することがあります。手間がかかる伝統的な方法のため、冷浸法で採られた精油は現在あまり流通していません。

有機溶剤法

ローズなどの繊細な花の香りは高い温度によって変質しやすいため、有機溶剤を使って抽出されることもあります。釜の中に植物とヘキサンや石油エーテルなどの有機溶剤を入れ、溶剤に香りを移します。その液体から有機溶剤を揮発させたあと、再びエタノールを加えてよく溶かします。最後にエタノールを蒸発させて芳香成分を得ます。この方法で採られた精油も、アブソリュートと呼ばれます。

圧搾法

柑橘類の果皮から精油を採る方法です。柑橘類の果汁と果皮を器具で押しつぶし、果汁と精油、繊維質を分別して得られます。熱を加えずに採れるため、コールドプレスとも呼ばれます。圧搾法で得られた精油は、他の方法で抽出したものよりも酸化が早いので、早めに使い切るようにしましょう。

超臨界二酸化炭素ガス抽出法

炭酸ガスに圧力を加えて、超臨界状態(気体でも液体でもない状態)を作ります。この流体は物質の内部に浸透して成分を溶解する性質があります。これを植物とともに抽出釜に入れて精油などの成分を抽出すると抽出液が得られます。その液を分離し、圧力を下げると二酸化炭素は蒸発し、精油が残ります。水蒸気蒸留法よりも生きている植物に近い香りが得られますが、1回あたりの抽出量が少なく、コストがかかるためにあまり流通していません。また、同じ植物から採られた精油でも、水蒸気蒸留法で得たものとは成分が異なる場合がありますので注意しましょう。

3
', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

植物の中にある精油の量

よく、精油は高額なものだと言われます。なぜ高額になってしまうのでしょうか。その理由の一つに、抽出部位にある精油の量が関係しています。1本の精油の瓶を満たすために、一体どれくらいの量の植物が使われているのか、抽出部位中のオイル比を簡単にまとめます。

0.01%~0.02%・・・ローズ

0.1~0.5%未満・・・柑橘類、カモミールジャーマン、ゼラニウム

0.5~3%未満・・・イランイラン、サイプレス、シダーウッド、ジャスミン、ハーブ類

3~5%未満・・・カルダモン、サンダルウッド

5~10%未満・・・フランキンセンス、ベンゾイン、ミルラなどの樹脂

ローズの精油は花から採れますが、そのオイル比は0.01~0.02%です。なんと、精油を1g得るためには10kgのローズの花が必要だということになります。ローズの精油が特に高額なのはこういった理由があるからなのです。花束にして想像してみてください。ローズの精油を1本贈ることは、どんな大きな花束よりも立派なプレゼントと言っていいのかもしれませんね。

このように見てみると、植物中にはおおよそ1~3%くらいの香りの成分があることがわかります。これは私たちが精油を使うときのヒントになるものです。人間も自然の一部だと捉えると、私たちが精油を体に用いるときの濃度はこれくらいが適しているということです。精油は必ず希釈して、とよく言われますが、この1~3%に薄めるという基本を覚えていれば、精油は一層使いやすいものとなるでしょう。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ' //moba8 //affiliate-b ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

一滴に感謝を込めて

少し専門的な内容になりましたが、私たちが精油を手にするまでのことについて少し考えて頂けたでしょうか。種から成長し、収穫されて抽出される、その間に想像以上に多くの自然と人の力が使われているのです。見えないものには気が付かないことも多いですが、ときには立ち止まって考えることも大切です。瓶の中に詰まった植物の命ともいえる精油を、最後の一滴まで大切に使う気持ちを持っていたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. manicure より:

    Hello, I enjoy reading all of your article post.
    I wanted to write a little comment to support you.

  2. First off I want to say fantastic blog! I had a quick question that I’d like to ask if
    you don’t mind. I was curious to find out how you center yourself and
    clear your thoughts before writing. I’ve had a difficult time clearing
    my thoughts in getting my thoughts out. I
    do enjoy writing however it just seems like the first 10
    to 15 minutes are lost simply just trying to figure
    out how to begin. Any ideas or tips? Appreciate it!

  3. Hi my family member! I wish to say that this article is awesome,
    nice written and come with almost all significant infos.
    I would like to see extra posts like this.